トップへ戻る

結婚するなら離婚することも考えるべき

結婚するなら離婚することも考えるべき

結婚するなら離婚することも考えるべき

男女関係では『いつでも終わりを考えておくこと』これが大切なのです。
『別れることを想定しながら付き合う』これを嫌う人は多いでしょうが、備えあれば憂いなしですし、
大切なことって『始まりよりも終わり』なんです。

また男女関係の場合『始まりは曖昧だが終わりは複雑』というのが常ですよね。
なかなか別れられなかったり、やっと終わったと思ったら弱点を握られていたりと、そのため、簡単には済まないのが恋愛というものでしょう。

『こうしておけばよかった』と、後になって気付くことが多いでしょうし、
『次の恋愛では必ずこうしよう』と心に決めることも多いのではないでしょうか?

例えば同棲などは良い例で、長年一緒に住んだ場合、突然別れた時には荷物の回収などが大変になりますよね。
そのため、『もう同棲はしない』と決意しても、次の恋愛でもまたしてしまったりなど、こんな経験もあるのでは?

このように、男女関係って、必ず同じことを繰り返しますから、だからこそドライに考える必要があるのです。
例えば交際開始当日に『別れた時に大変だから同棲はしないようにしよう』『お互いの家に荷物は置かないようにしよう』と言えるかどうか、
これが重要となります。もちろん『別れることが前提』という訳ではありません。

スポンサーリンク


もちろんこれは対策をしておくというだけのことですから、全ては説得できるかどうかにかかっています。
ですので交際をした際には、『ラブラブな時期に別れることを考える』これを心掛けて準備しておきましょう。

これに関しては、『結婚してからも同じ』と考えるべきです。
むしろ離婚する時の方が大変ですから、結婚するのなら、全てを完璧にしておく必要があります。

例えば『財産は共有にしない』『お互いに仕事は続ける』など、徹底したルールを作るのです。
これも、『別れなければいい』という前提があるのですから、本来ならばするべきでしょう。

日本ではマイナーな方法ですが、海外の場合『結婚前にルールを決めておく』というのはメジャーとなっています(2014年現在)。
男女関係などいつどうなっても不思議ではないのですから、特に財産に関してはしっかりルールを作り、
万が一の時にもトラブルを回避できるようにしましょう。


『別れることを考えて付き合う』これを理解できるかどうか、受け入れられるかどうかはとても大切です。
恋愛って別れることの方が多いですから、備えておくことなど当たり前なのです。

『結婚したから』これだけの理由でなぜダメにならないと言えるのでしょうか?曖昧にすることなどNGです。
自分を守れるのは自分だけですから、完璧なルールを作って綺麗に別れられるようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6