トップへ戻る

共働きの方が女は楽?

共働きの方が女は楽?

共働きの方が女は楽?

『結婚後も共働きの方が、実は女性自身が楽』とこんな見解があるのです。
女性の場合、『仕事が嫌だから結婚したい・働くなど嫌だ』と考える人も多いでしょう。

つまりは、自分の安定や安泰のために結婚したいと考えたり、女友達に自慢するために高収入の旦那を作ったりなど、
こんな女性も多いですよね。

実際のところ、『本当の純愛によって結婚する人』このような人の方が少ないのではないでしょうか?
男性の場合、『愛しているから結婚する』という人が圧倒的に多いですが、女性の場合はそうではなく、
上述したように『自分の都合で結婚する』ということが殆どのはず。だからこそ近年は離婚も多いのです(2014年現在)。

スポンサーリンク


お互いに愛し合っている訳ではなく、女性が条件のみで男性を選んだからこそ、数年で持たなくなって離婚に至る。
こんなケースが後を絶ちません。

ですので、本来ならば条件など考えずに、『純愛で結婚する』を選択するべきなのでしょうが、
女性は腹黒いですからそれは難しいでしょうし、何より、『自分が苦労したくない』と考えるのも女性の特徴でしょう。

こんな中で『共働きの方が楽』とはどういうことなのか?これは、『専業主婦の場合には、家事が強制になる』ということからです。
女性は専業主婦になった場合、当然家事をすることは強制ですから、そうなれば、『一切休みがない』ということになるのです。

家事というのは、会社で働くよりは楽なため、定休日が必要な仕事ではないでしょう。
しかしながら、遊び感覚でできるほどのことではありませんから、それを一生続けるとなるとそれなりのストレスとなります。

とはいえ、旦那に養ってもらっている立場ならば投げ出すことなどできませんから、専業主婦って実は辛い仕事なのです。
ですのでそれならば、『共働きにして家事も分担』これを選択した方が、実はストレスが緩和されると考えられるのです。

例えば好きな仕事をしているのなら、そこまでのストレスはないでしょう。
また家事に関しても、『完全に自分の分だけ』と決めてしまえば、かなり楽になります。

一人分の家事ならばどうってことありませんし、掃除などの共有部分は交代制にしたり、子供は作らないと決めてしまえば、
案外専業主婦よりも時間ができたりもします。そして何よりも『経済的なゆとりがある』これが大きいでしょう。

結婚後も独身時代と変わらない訳ですから、それならば楽しく暮らすことができるはず。
『収入があるかどうか』これって重要であるため、実は女性も働いて、全てを分担してしまった方が、お互いに楽であると考えられるのです。


『結婚などしなくていい』この考え方を持てるとなにより楽です。
同じ家に住むこともなく、たまに会う恋人のままでいることが、実は問題も少なく一番楽しい方法なのです。

子供が欲しいなどのように、特別な理由を抱えた人は別ですが、そうではないのなら、敢えて結婚に拘る必要などないでしょう。
大切なことは楽しむことですから、失敗しない選択を心掛けましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6