トップへ戻る

男性が女性を養う条件

男性が女性を養う条件

男性が女性を養う条件

近年では『俺が養ってやる』こんなことを言う男性はほとんどいなくなりましたし、そんな時代でもないですよね^^
近年の場合、共働きが当たり前だったり、結婚後も女性は仕事を続けていて、
しかも『やりたい仕事をしている』ということが結婚の条件だったりもする訳で、そういう意味では女性にとって、
結婚というハードルが高い時代と言えるでしょう(2014年現在)。

それでも、『養ってやる』とは言わなくても、実質的に男性が養うという形になることはまだあるでしょう。
こうなった時って、『条件付き』というのが当たり前となるのです。

というのも、男性にとって結婚って特にメリットのないものですから、一人支えることによる『単純な負担増』では意味がないのです。
従って、養うのならばそれ相当のものがないとダメとなりますから、何より女性がそれを理解しているかどうかが重要となります。

スポンサーリンク


例えば『女性自身に家事はすべて私がするべきこと、私の仕事』という気持ちがあるかどうかということ。
この気持ちがないような女性と結婚することなど、単純なマイナスとなりますので、
女性は結婚するのなら『養ってもらっている』という気持ちを持つことが前提となることを理解しておきましょう。

これを理解していない女性は非常に多く『男性は結婚したいもの』くらいに捉えている人もたくさんいるでしょう。
『男性が結婚したいと思っている』これはとても古い考え方です。
近年の男性は、むしろ基本的には『結婚などしたくない』と思っているのです。というのも上述した通り、男性は結婚にメリットがないからです。

男性の場合、一生独身でも十分楽しいですし、それなりの収入があれば十分に遊ぶことができ、またしたいと思うのなら、
女遊びだって全然できます。

女性の場合は『誰かに支えて欲しい』という本能がありますから、だからこそ結婚したいと考えるのでしょうが、男性にはそれがなく、
むしろ、『可能な限り男でいたい』という考え方であるため、『結婚をして男を卒業する』ということを嫌うのです。

ですので女性は、結婚したいと思うのならば、よほど『価値のある女』にならなければいけないということです。
『この女に任せておけば家のことは大丈夫』このくらいになることが当然ですし、
『この女がいないと家のことが分からない』となることが普通です。
そんな女性になることが結婚するということですから、正しい考え方を身に着けましょう。


女性はいつでも男性に対し上からな傾向がありますが、上からになれる理由など一つもありませんから、それを理解しましょう。
そもそも、養ってもらう立場でなぜ上からなのでしょうか?
だから男性は、『結婚など必要ない』となるのです。立場を理解している女性が結婚できます。そんな女性を目指しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6