トップへ戻る

女性のマイナス条件とは

女性のマイナス条件とは

女性のマイナス条件とは

男性の場合『働く意思がない』『収入がない』こんな男はマイナスですよね。
では、女性の場合どんな条件を持っているとマイナスとなってしまうのか?女性の場合『収入』に関してはそこまでの条件はないものです。

しかしながら、近年の傾向で考えれば『働く意思がない』こんなタイプの女性はNGですし、
また『低収入な女』これも結婚対象外となる傾向が強いのです。

結局のところ、男性も女性の収入をあてにしているところがありますから、
女性に求められるのは『一人ならば十分生活していけるだけの収入』となります。
このくらいはないとマイナスとなってしまいますので、自分の状況と照らし合わせて、必要ならば現状を変えてみましょう。

スポンサーリンク


なぜ男性は、女性の収入を考えるようになったのか?
上述したように『あてにしている』ということもありますが、それ以上にあることは『利用されたくない』というものなのです。


例えば『仕事をしていない』『収入が低い』このような女性の場合、最終的には『男に頼るしかない』となりますよね?
つまり『結婚して養ってもらう』これしかなくなるでしょう。これを男性は『利用』といいます。

近年は『俺が養ってやる』という時代ではありませんから、結婚をするのならば『共に支え合う』という心構えが必要なんです(2014年現在)。
女性によっては『女は家のことをする。これによって、共に支え合うとなるのでは?』とする女性もいるでしょうが、
それこそが『近年は違う』ということです。

一昔前ならばそうでした。しかし現在は、男女が平等な時代です。
平等ならば『男は仕事。女は家事』とする必要がないでしょうし、
それ以上に『男女どちらもが、結婚後も仕事も家事もする』これが常識となるでしょう。

だからこそ、『仕事をしていない女はマイナス』となりますし、女性にもそれなりの収入が求められるとなるのです。
つまりマイナス条件の女とは、『この時代になっても養ってもらうつもりでいる女』ということ。
結婚後もやりたい仕事を続け、しっかりとした収入があること。これが現代の夫婦の形ですから、
『養ってもらうための結婚』などあり得ないということを理解して、マイナスな女にならないようにしましょう。


『自分の力で生きるつもりがない』こんな女はマイナスとなります。
将来計画の中に『養ってもらう』というものがあるのならば、その時点でマイナスです。

どうして自分の将来計画に『人の力を借りる』『人に頼る』というものが含まれているのでしょうか?
そんな相手があることなどどうなるか分かりませんし、叶わなかった時には相手のせいにするのでしょうか?

人を含めている時点でマイナスです。自分の人生ならば自分で生きるようにしましょう。
この意味を理解することが大切ですから、『男性に頼る』を卒業しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6