トップへ戻る

男性が奢るものと思わないこと

男性が奢るものと思わないこと

男性が奢るものと思わないこと

女性は『男性が奢るもの』このように思わないことが重要です。
というのも、『男性がそのように思っていない』という前提があるため、女性がそれを常識だと捉えてしまうことはそもそも間違いなのです。

『奢るかどうか』これって奢る人が決めることでしょう。
また、『男が女に奢る』こんなルールはありませんから、基本的には『恋愛をする際には自己負担が常識』と捉えるべきです。

女性の場合『どれだけ私に金をかけたか』これによって愛情の有無を判断する傾向がありますが、そんなことは一切関係ありません。
むしろ、毎回奢っていたらありがたみを感じることができなくなるでしょう。
本来は、誕生日などの特別な日のみに奢るというものですから、そのような常識を身に着けて、嫌われない女になりましょう。

スポンサーリンク


男性としては『金がかからない女ほど真剣交際の対象』と考えるものです。また、金がかかる女はどこか偏っている。こうも捉えているのです。
そのため、女性が考えているような『男性が奢るもの』という理想はそもそもが違っており、
常識を理解した女性こそが求められるようになっています。

というのも、金がかかる女というのは、たいていの場合が『無駄使い』なのです。
例えばブランドの小物や宝石などを欲しがったり、やたらと旅行に行きたがったりなど、
男性からすればどうでもいいことに金を使いたがるため、だからこそ対象外となります。

一方で金がかからない女というのは、基本的には『一緒にいれればいい』という考え方であり、
また最大の特徴は『自分のことは自分でする』というしっかりした女であること。これになります。

金がかかる女は『男に頼ることが基本』ですが、金がかからない女は『本当に必要な時にだけ頼る』という考え方ですから、
だからこそ真剣交際の対象にもなります。
ですので女性は、結婚も考えた真剣交際をして欲しいと思うのならば、まずは自分の性格を改善するようにして、真面な女になりましょう。


『男に頼るタイプだ』こう思われた時点で結婚はありません。このタイプはきりがないため、男性は最も避けたいと思うのです。
自分でできることさえしないで、それを男性がすることに愛されていると感じたり、安心するような女、こんな女、
誰が必要とするというのでしょうか?

必要とされるとしたら体だけです。つまりは若いうちだけということ。
体が通用しなくなったら1%の価値もありませんから、『このままじゃダメだ』ということに気付くようにして、
自分のことは自分でできる女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6