トップへ戻る

一緒に風呂に入るはアリ?

一緒に風呂に入るはアリ?

一緒に風呂に入るはアリ?

『男女で風呂に入る』これはアリなのかどうか?もちろんナシのはずはありませんが、状況によっては面白くも何ともないとなってしまうのです。
例えば、『交際して何年も経つ』というカップル。こんな関係の場合、一緒に風呂に入るなど『今さら』です。

今さら一緒に風呂に入ったところで男性は何とも思いませんし、むしろ、体の全てが見えてしまうということは、
よほどスタイルが良くない限り引いてしまうことの方が多いため、場合によってはNGとなります^^

ですので、貧乳女性や体型に自信がない女性の場合には、相手が彼氏ならば一緒に風呂に入るはむしろ避けた方がいいとも言えます。
とはいえ、引くことはあってもそれで愛情が冷めるということはないでしょうから、問題はないでしょうが。
しかしながら、『そもそも一緒に入っても面白くも何ともない』交際が長いとこのような状態になっていますので、
それならば、わざわざそんなことはしないで、普通に肉体関係を持った方がいいでしょう。

スポンサーリンク


一方で付き合っていない場合、例えば男女の友達等なら、これはとても楽しい時間となるものです。
男女の友達ならば、『何をしても楽しい』これが常識となりますが、特に風呂に入るということは、
この上ない緊張感もあって、男女どちらも楽しめる遊びとなるでしょう。

また、友達だからこそ一線を越える訳にはいかないということもあり、そのスリルが二人をより一層盛り上げるのです。
風呂に入れるほどの仲ですから、どちらも『してもいい』『したい』くらいに思っているはず。

要するに、『どちらが仕掛けるか』という状態のはず。
それでも、なかなか手を出さないというところがまた楽しいのであって、
『何もなかったらそれはそれで楽しい』『一線を越えてしまったらまたそれも楽しい』とこのように、
男女の友達ならば、どんな展開になっても楽しめるのが『一緒に風呂に入る』ということなのです。

従って、仲が良ければプライベート温泉に行くなどもありでしょう。大変盛り上がり、一晩中緊張感を持ち続け、高揚が得られるはずです。
恋愛において最も楽しい時って『付き合う前』ですから、男女の友達という時間が最も楽しいのです。
だからこそそんな時に、『際どい仲』になってみると面白い限りですし、交際後も盛り上がるという訳です。


普通に告白して付き合うというのも良いですが、違う展開もまた楽しいです。
恋愛なんて、始まりも終わりも自由なんですから、自分のスタイルで良いのです。
『楽しさを追求する』これをテーマに男女関係を楽しんでみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6