トップへ戻る

おばさんの基準とは

おばさんの基準とは

おばさんの基準とは

『自分ではまだ若いつもりでいる』と思っていても、周囲から見れば全然おばさんという人はよくいますよね。
例えば職場等ならば、『20歳代の女性社員と同じ立場で恋愛トークなどをしてくる40歳代のおばさん』などもいるのではないでしょうか?

女子会などにも参加したがり、『正直迷惑』というタイプの人。
はっきり言って、恋愛の話しも的がずれているし、普通ならば20歳くらい年が離れた人と同等に恋愛トークなどしませんから、
だからこそこのような人は『おばさん』と呼ばれるのでしょう。

『自分を分っていない人』このような人って周囲からはウザいと思われがちですし、
たいていの場合が自身の年齢を理解できていないことが多いのです。

スポンサーリンク


これがもし『頼れる大人の女性』だった場合、若い女性達の恋愛トークに入ろうなどとはせず、
『相談された時にだけ、的確なアドバイスをする』これができるでしょう。
つまりは経験も豊富だからこそ自分を分っている訳で、このような人の方がむしろ『おばさん』とは呼ばれないのです。

ですのでおばさんの基準とは『若いつもりでいる』ということ。
特に『10歳も20歳も年下の人と、自分は同じ場所にいる』このように感じてしまう人はおばさんだと言えます。


おばさんかどうかって、本人が決めることではなく周囲が言うことですから、
『そう思われる行動をしているかどうか』これがポイントになってくるのです。

よく『服装などに拘らなくなったらおばさん』と捉える人もいますが、実際には内面の要素の方が強いはず。
服装に拘らなくても、外見が若くて考え方が大人だったら、全然おばさんとは言われないでしょう。

『性格的に幼い人』こんな人の方がおばさんと呼ばれやすいですし、呼ばれた時に傷付く傾向があるものです。
自分自身で『私は十分おばさん』と受け入れられるくらいに恋愛を楽しんでおくこと、これが大切になりますので、
たくさんの恋を経験して、良い大人になりましょう。


経験が極端に少ないと不思議な大人になってしまいます。
他とは明らかに違う異質な人間、こんなおばさんになってしまいますので注意しましょう。

例えば、30歳代の女性が『おばさん』と呼ばれて怒ったらダメです。
そんな呼び方をする相手が子供なのですから、そこに悪意があるのかどうかを見極めて対応を考えること。これをできることが大人です。
いつでも大人の対応を心掛けて、素敵な大人を目指しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6