トップへ戻る

振った後は冷たくすること

振った後は冷たくすること

振った後は冷たくすること

『告白を断った後』このような状況では『冷たくする』これがマナーなのです。
人によっては『告白を断ったにも関わらず優しくしてしまう・気があるように接してしまう』ということがあるでしょう。

しかしこれは、相手に迷惑をかけるだけですので、思いっきり冷たくし、また悪者になって、『完全に諦めさせる』ということをするのが、
振った者のマナーとなります。

告白した側としては、その後も顔を合わせるのならば、『今まで通りに接しなければ』と考えるでしょう。
そのため、告白をした側は緊張してもいますし、また相手にも気を使っているのです。
そこで『自分を振りやがって』などという態度を出してしまったら最低の人間でしょうから、それはできないでしょうし、
そもそも『どう接するべきか』ということが分からない人も多いでしょう。

スポンサーリンク


一方で、振った側としても、『今まで通りに楽しく関わりたい』このように考えるもののはず。
しかし、『自分から振っている』ということもあり、なかなか今まで通りとも行かないのが普通でしょう。
そこで『おはよう〜』とニヤニヤしながら挨拶できてしまうような人は、本当に性格が悪い人ですから、
そんな人は自分を見つめ直した方がいいはず。

このように、振った側と振られた側とでは、色々と考えることがあるものですが、このような状況でするべきことってただ一つなのです。
それが『振った側が期待させないこと』これだけです。


告白を断った、こんな関係になったのならば、『期待させないこと』これが重要になるのです。
振られた側としては、相手の態度一つで期待してしまう訳ですから、それは注意すべきです。

ですので、まずはしっかり『可能性がない』ということを知らせるようにして、その期間を過ぎてから、
元の友達に戻れるようならば戻る、戻れないのならばそれは仕方がないと考えること。このように捉えるべきです。

『気持ちに応えられない』これは仕方がないことですが、気持ちには感謝するべきです。だからこそ、期待させたらダメなんです。
中途半端な優しさは優しさではなく、相手を苦しめることとなりますので、むしろ悪魔となります。
本当に相手の気持ちに感謝しているのなら、『これ以上傷つけない』これをするためにも、止めを刺してあげましょう。


『可能性がないならない』これをはっきり言えることが重要です。
告白した側って、どんな振られ方をしても、その後関わっているのならば期待してしまうものです。

ですので、『何が本当の優しさか』これを理解することが大切です。
『相手を解放してあげること』これこそが本当の優しさですから、それができる女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6