トップへ戻る

男性の家に行くことを断られるとは

男性の家に行くことを断られるとは

男性の家に行くことを断られるとは

男性と遊んだり飲んだりした後に『この後○○君の家に行っていい?』と聞き、それを男性が断ったのならば、
その男性はほぼあなたに興味なしと考えて間違いありません。

というのも男性は、『女性が自分の家に来る』これをとにかく喜びますし、男性としては最も興奮する状況ですから、
通常ならばそれを拒否するはずがないのです。

従って、『これならば仕方がない』という理由でもない限り、例えば『あ〜、それはちょっと』などのように断られたのならば、
その男性は脈無しということです。
男性も『純粋な友達』として遊ぶこともありますので、全てが性欲の対象ではない場合もあります。

スポンサーリンク


また『自分の恋愛相談がしたいから』という目的のために、『ブスと関わる』ということならば十分にありますので、
気になる男性と飲んだり遊んだりできたからといって、それが全てイコール恋愛になるとは考えないようにしましょう。

ポイントは『男女の仲になれるかどうか』これになるのです。
男性って、男女の仲になれる女性とならば交際も考えられますから、『肉体関係がOKかどうか』これってとても重要なことなんです。

ですので、できるのならば早い段階で体の関係を持ってしまうこと。
仮にそこで男性に拒否されたのならば、『その後どれだけ関わっても可能性はない』ということですから、
例えば二人きりになって男性が何もしてこなかったという状況になっても、それを『誠実』と捉えたりはしないようにすること、
むしろ男性が、女性の体に興味を示さないということは絶望的なことなんですから、それを十分に理解して、
一緒に寝るなどしても何もなかったのならば、諦めることも一つの選択です。


男性って基本的には我慢できないんです。
女性は都合のいいように捉えることも多いもので、『手を出さない男は誠実』こんな風に捉える人もいるでしょう。

しかし男性の立場から言えば、『誠実な男ほど怪しい』というもの。
女性を性的に見ない男などいませんし、実際に男性だけになれば、『あの子の体は良い』などの話を皆しています。

ですので、『女性を見たらやりたいと思う』これが当然なんです。女性は『体を求められなかったらヤバい』このように考えるようにしましょう。
極端に言えば『女性の魅力は体しかない』このように考えることができます。

つまり、関係を持ちたいと思われなかったら何も始まらないということ。
男性の気持ちなど単純なものです。『やりたいかどうか』これが全ての答えですから、男性の本能的な欲求を見抜ける女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6