トップへ戻る

遊びの交際を受け入れること

遊びの交際を受け入れること

遊びの交際を受け入れること

女性に重要なことは『遊びの交際を受け入れること』これになります。
女性の場合、どうしても恋愛というと気持で捉え『好きであること・好きになれること』これを前提とするでしょう。

しかしこれでは、『楽しめない可能性がある』となります。
というのも、気持ちで恋愛をしてしまうと、楽しいことよりも辛いことの方が多いものなんです。

相手に対する気持ちが強ければ強いほど、相手の言動や仕草の一つ一つに敏感になり、急に不安になることもありますし、
またその不安を相手が振り払ってくれるとも限らないでしょう。

スポンサーリンク


特に男性の場合、女性が『不安になった』などの理由で電話してくることを猛烈にウザいと感じますので、
それをしてしまう女性ってより一層嫌われます。

ですので、『気持ちで恋愛をする』これってマイナスになることが多いので、それよりも遊びの恋愛を受け入れて、
まずは楽しむようにすること。

その上で『この男性とならばずっと楽しくいれるかもしれない』という人と出会ったら、その時は本気になることもありですから、
恋愛に対するハードルを下げてみましょう。

恋愛に対するハードルを下げるためには『肉体関係に対するハードルを下げる』これが重要になります。
女性の場合、『好きじゃなきゃしない』と考える人も多いですが、それではダメなので、
『気が合ったらする・タイプだったらする・外見が許容範囲だったらする』くらいの心構えでいるようにしましょう。

例えば『肉体関係は趣味のようなもの』と捉えてみること。こうすることができれば、ハードルを下げることができますよね。
趣味ならば、初対面の人と作業することもありますし、例えばテニス等なら、初対面の人とゲームをすることもある訳です。

これと同じ感覚で『初対面の人と肉体関係を持つ』このくらいになれたのなら、人生ってとても楽しくなります。
もちろん、子供ができるなどに対する予防は必要です。
その辺は自分がしっかりしていることが重要ですが、それらさえ守っていれば肉体関係は男女どちらも楽しいものですから、
遊びの関係を積極的に受け入れましょう。


『遊びの関係』これでは先がないからと拒む女性もいますが、それは捉え方次第なのです。
そもそも、先がないからなんなのでしょうか?それは女性の問題でしょう。

女性が稼いでさえいれば、先のない恋愛などむしろないはずです。
結婚が全てではありませんし、むしろ結婚ばかりを考える恋愛の方がつまらないですし、そのような女性って魅力がありません。

未来は自分で作るものですから、男性に養ってもらうと考えている時点で間違いです。
男性というのはパートナーでありスポンサーではありません。それを理解して楽しい関係を築きましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6