トップへ戻る

別れる際に注意すべきこと

別れる際に注意すべきこと

別れる際に注意すべきこと

交際相手と別れる際には『一時的な寂しさ』これに惑わされないように注意すべきです。
というのも、自分から振る場合でも、またはその交際が苦痛になっているとしても、『この人とは今日で終わり。今後会うことはない』となると、
その瞬間寂しさに包まれて、『自分の判断は違っていたのか』『今ならまだ戻れるのではないか』と思ってしまうことも多々あるからです。

これは、意志が弱い人にはありがちなことです。
例えば『自分は優柔不断でなかなか物事を決められない』こんな人ならば、
別れるとなった時にも『本当にこれで良かったのか』これを受け入れるまでに時間がかかるはずです。

『決断すること』これに慣れていないため、自分の決断に自信が持てず、相手の言葉に流されたり、
相手の言うことの方が正しいように聞こえてしまったりもする訳で、
だからこそ『別れたいはずなのに、なかなか別れられない』という現象が起こるのです。

スポンサーリンク


これが意志が強い人ならば、きっぱりと『今日で終わり』と決断することができますし、自分の判断を絶対的なものと信じて止みませんから、
後悔することがありません。

ですので、『決断が苦手』『振るのが苦手』という人は、普段から早めに決断することに慣れておくこと、
また、『相手が可哀相』などとは思わないこと。これが大切です。

相手の感情に付き合っていたら自分が苦しむだけですから、
『時には人を傷つけることも必要』『そうしなければ自分を守れない』ということを理解して、
別れるその時には『強くなる時』と思うようにしましょう。

別れ際の寂しさって一時的なのです。
ですので、『別れたいな』と少しでも感じるようになったのならば、それは衝動的な判断ではなく、『脳が冷静に考えて別れを選んだ』ということ。


しかしながら、突発的に別れ話を切り出すと、後になって『やっぱりやり直したい』と感じてしまうことがありますが、
別れた際に注意すべきことは、この『やり直したい』を我慢することです。これこそが一時的な感情ですから、
この寂しさを我慢すれば数倍楽しい新しい出会いが待っています。
友人を一人失った訳ですから、寂しいのは当たり前です。できるだけ冷静に捉えて、時間の無駄は避けましょう。


復縁を繰り返す人も多いですが、これで成功することって稀でしょう。
すぐに別れ話を出すようでは進歩がありませんし、そもそもその相手とは合わないとも考えられます。

別れるのならばしっかり考えるべきですし、ポイントは『一緒にいても何だかつまらない』と感じた時ではないでしょうか?
会いたいと思わなくなった、幸せを感じられなくなった、これは完全なる別れのサインです。
それに気づいたら勇気を持つようにして、しっかり分かれるようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6