トップへ戻る

恋愛で傷付かないためには

恋愛で傷付かないためには

恋愛で傷付かないためには

『恋愛をしても傷つかない』これって誰もが求めるテーマだと思いますが、
傷つかない方法としては『簡単には好きにならない』ということなのです。

傷付くかどうかって、『体の関係を持った』とか『金をかけた』とかではなく、『気持ちを裏切られた』ということですよね。
ですので、気になる男性ができても、簡単には好きにならず、しばらくは楽しい関係を継続させて様子を見ること、これが大切になってきます。

例えば、『出会ってすぐに運命を感じた』こんな人っているでしょう。しかしこのような女性は危険です。
例えば2度目に会った時には『この人しかいない』と判断してしまい、そのまま体の関係を持って好きになってしまう。

もちろん、体の関係を持つことは全く問題ありません。
男女関係において肉体関係など趣味のようなものですから、むしろ交際期間など関係なく楽しめた方が健全といえるでしょう。

スポンサーリンク


しかし、『この人しかいない』と本気で惚れ込んでしまうことは大問題です。
出会ったばかりで、しかもまだ2回しか会っていないという状況で相手の何が分かるのでしょうか?
『運命のようなものを感じた』と言って結婚までする男女もいますが、反対にそれをしてダメになる人、深く傷つく人もたくさんいるのです。

ですので、運命だと感じたのならばむしろ冷静になって『そんなことがあるはずがない』『なんでもないんだ』と考えるようにして、
簡単には好きにならないようにしましょう。

とはいえ、『好きにならない恋愛』って難しいと考える人もいるでしょうし、
『最初に好きになれなかったらその後も好きになれない』こんな風に考える人もいるはず。


確かにどちらも言えることです。
しかし『それはそれ』と考えればいいのではないでしょうか?それよりも、傷つかないことの方が大切なのでは?
たとえ好きになれなくても、その時間楽しく過ごせたのならばOKとし、最終的に『この人は一生を共にする人ではない』と感じたら、
その時点で終わりにすればいいのです。

交際の基準って、必ずしも『燃えるような恋』ではありません。
そもそも、『好き』という気持ちも様々ですから、離れてみて初めて相手の必要性が分かるということもあるはず。

ですので、あまり気持ちに捉われずに楽しさに拘った方が上手くいくこともあります。
『まずは思いっきり楽しんで、それから先のことは考える』これが、自己防衛ができて恋愛も楽しめる方法ですから、
気楽に構えて人生を楽しみましょう。


恋愛に責任を感じたらダメです。『交際をするのなら好きになるべき』こんなルールはありません。
それぞれのスタイルがあって当然です。
自分が良いと思う方法で楽しめばいいのですから、『傷付かない・苦しまない』これをテーマに楽しい恋愛を心掛けましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6