トップへ戻る

好きじゃなくても関係を持てることが重要

好きじゃなくても関係を持てることが重要

好きじゃなくても関係を持てることが重要

女性は『好きではない相手』とも肉体関係を持てることが重要です。
というのも、男性が肉体関係を持つ基準というのが『好き』ではなく、単純に性欲だったり楽しさだったりするため、
女性だけが好きに拘ってしまうと『女性だけが傷付く』ということになってしまうのです。

だからこそ女性も、好きを基準に肉体関係を持つのではなく、
『外見的な魅力』だったり、『楽しそう』という理由で関係を持った方が、『心の傷を受けないで済む』と言えるのです。

肉体関係って難しいもので、必ずしも男女の考え方や気持ちが一致しているとは限りませんよね?
そのため、『私のことを好きなんだと思っていた』や、逆に『単純に遊びのつもりでしたのに本気になられた』ということもあるでしょう。

スポンサーリンク


こうなってしまうと面倒くさいでしょうし、自分も嫌になるはず。
ですので、『肉体関係と気持ち』これは別のものとして切り離すことが大切なのです。
『肉体関係は単純に楽しむためのもの』と捉えること。『気持ちは会話や肉体関係を持った上での結果』とこのように考えるのです。

こうすることで、肉体関係を持ったからといって、『相手が必ず好きになる』と考える必要もありませんし、
『1回で終わり』となっても、『その1回を十分楽しんだから良い』と納得することもできるはずです。

こうやって考えることって、全ては自分を守るためなのです。
好きを前提に関係を持ってしまうと、そうではなかった時に立ち直れなくなってしまいますし、
一度塞ぎ込んでしまうと復活するまでに時間がかかるでしょう。

それでは、人生の大きな損失となりますし、そもそも恋愛できる期間は限られています。
ですので、自分が十分に恋愛できる時期を無駄にしないためにも、『気持ちに捉われない肉体関係』これを重視しましょう。

気持ちが出来上がっていればいるほどダメだった時の衝撃は大きいものです。
だからこそ、『肉体関係と気持ちは別』という考え方が重要ですから、『好きじゃなくても関係を持てる』こんな考え方を身に着けて、
楽しい肉体関係を心掛けましょう。


肉体関係を持つ際に、本気で惚れ込んでしまうようではダメです。
むしろ、これからすることにワクワクするくらいでないと、理想と違った時の衝撃にやられてしまいます。

恋愛の傷って想像以上に大きいですから、できるのなら事前に回避しましょう。
『気持ちは最後に作る』これを意識すれば自分を守れます。多くを楽しんで、最後に気持ちを作りましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6