トップへ戻る

関係を持つなら後悔しないこと

関係を持つなら後悔しないこと

関係を持つなら後悔しないこと

女性が肉体関係を持つ際に大切なことは『何があっても後悔しない』ということです。
肉体関係を持つタイミングって、必ずしも『交際してから』ではなく、知り合ってすぐにするということもあるでしょう。

例えば初デートで意気投合しそのまま一夜を過ごすことだってある訳で、
どのような形で男女の仲になってもおかしくないのが恋愛であり男女関係ですよね。

このような状況で重要なことは『後悔しない』ということなんです。
女性がよく勘違いしていることは『肉体関係=交際』『肉体関係を持つ=愛情がある』ということ。

スポンサーリンク


つまりは、『体の関係を持つのなら、男性は私のことを好きに決まっている』という勘違い。しかし、これっておかしいでしょう。
知り合ってそれ程立っていなかったり、単なる友達という間柄ならば、『愛情がある』と決めつけることなどできないことが当たり前のはず。

それなのに『するのなら好きなはず』と考えてしまうことって、どう考えても女性の勝手な都合ですよね?
ですので、そんな勝手な考えは持たないことと、するのならばその瞬間を楽しむことに専念することが重要になってきます。

女性の中には、『関係を持ったら彼の態度が変わり、その時初めて私に好意がないことが分かった。許せない』となる人もいるでしょう。
このような女性って、『遊ばれた』『利用された』などの気持ちになっているのでしょうが、
勝手に盛り上がっていたのは女性の方なのではないでしょうか?

もしも確実な愛情が欲しいのなら、しっかり順序を守るべきでしたし、そもそも、『その時は女性も良いと思ってした』という前提があります。
つまり、強引にされた訳ではないのです。
ですので、終わってみて彼の態度が変わろうと、気持ちが手に入らないという納得のいかない事態になろうと、
そこで後悔することはやはり女性の勝手な都合なのです。

こういう時って『肉体関係と気持ち』これは別のものとして捉えることが重要です。
肉体関係が実技審査ならば、気持ちは筆記試験です。

要するに、実技がOKでも気持ちが動くとは限らない、
これを理解していないからこそ『遊ばれた』とか『利用された』などという考え方を持ってしまうのです。

『自分も楽しんでおくこと』これをしておけば、その後の関係など気にならないはず。
その時を思いっきり楽しんで、後は流れに任せるくらいがスマートですから、先に体の関係を持った際には求め過ぎず、
楽しくやるようにしましょう。


男性って、『体の関係=好き』ではありませんから、これは理解しましょう。
男性の場合、体の関係はスポーツのようなものであり、それに熱中できるかどうかはしてから決まるというものです。

ですので、全ての答えは体の関係を持ってからとも言えるのです。
だからこそ女性も、『楽しむ』という考え方と、後悔しないということが重要なのです。
いちいち後悔していたらつまらないだけです。なんでもその瞬間を楽しみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6