トップへ戻る

守りたい女の特徴

守りたい女の特徴

守りたい女の特徴

  男性が守りたい女というと、『何もできないようなか弱い女』と想像する女性も多いでしょう。
  『男に守られるためにいる』とでも言いたいような女性^^

  そんな女性こそが守りたい女だと女性はそう感じるのではないでしょうか?
  しかし、男性が守りたい女というのはそうではなく、実際には全く逆の女性です。

  男性は『男になど頼らない』というタイプの女性こそを守りたいと思うものなのです。
  強がりで、何でも自分の力でこなそうとして、特に男性に頼ったりなどしない女性。
  こんな女性のことならば、男性は守りたいと思います。

  女性は、男性の『守りたい女の対象』を勘違いしているものですが、
  男だって『守って!守って!』というアピールが強い女性など守りません。

  そんな女性は面倒くさいですし、ちょっとでも守ってやったら調子に乗るだけですから、むしろ無視します。

  男性としては、自分の力で立とうとしない女というのが嫌いなため、
  『女は男に頼って生きていくもの』という考え方の女性が嫌いなんです。
  ですので、男女では『守りたい女』に対する考え方が基本的に違うのです。

  女性は『か弱い女ほど守られる』と思うのでしょうが、実際には全く逆ということ。
  これを理解していないと守られることはありませんので注意しましょう。

スポンサーリンク


  【外見まで強くならないこと】
  強い女性こそが守りたい女であるとはいえ、外見まで強そうになったらさすがに守られません。
  例えば、体重100sの女性ならば、性格に関係なく『彼女は大丈夫だろう』と考えるのが男性です。

  男性は、その女性に女性的な魅力がなければないほど『守る必要なし』と感じますから、
  『男になど頼らない』という性格は大切ですが、外見は美人でないと守ってもらえることはありませんので、
  そこへの理解は大切です。

  『美人な女性が強い性格であること』男性にとってはこれが理想なのです。
  美人であれば、言寄ってくる男はたくさんいるはずですし、
  自分が努力しなくても、男に頼ることで生きていけるはずです。

  それなのに、敢えて男性には頼らずに、自分の力で生きている女性。こんな女性は魅力的です。

  そういう女性を見ると、男性は守りたいと思いますし、何より興味を持ちます。
  男性に頼ることしか考えていない女性というのは価値が低いものです。

  『男に頼って生きていく』という決められたレールでしか生きられない女性になど魅力はありませんので、
  本気で愛されたいと思うのなら、誇りに思える仕事をして、人生に目標を持って、
  男性になど頼らない生活をしましょう。


  女性は男性に守ってもらいたいと思うはず。しかし、そう思っている女性ほど男性が守りたい女にはなれません。
  まずは自分一人でも一生生きていけるくらいに強くなりましょう。

  また、女性としての美しさも忘れないようにしましょう。
  しっかりしている女性こそが守りたい女です。

  『頼る』こんな考え方を持っていたら一生満たされることはありませんから、
  自分が強くなって男性を惹き付けましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6