トップへ戻る

遊ばれないための対処法

遊ばれないための対処法

遊ばれないための対処法

女性は『自分が好きになった男性が体目当てだった』こんな状況になると、『遊ばれた』と主張しますよね。
この時点で女の勘違いであり、男性は始めから肉体関係を楽しむつもりだったというだけで、
『結婚を前提に付き合いたい』とか『真剣交際をしたい』などと言うことは言っていないことが多いものなのですが。

とはいえ、女性の勝手な勘違いであるにせよ、遊ばれない女になりたいのならば、確実な方法があるのです。
それが『結婚するまで肉体関係を持たない』というもの。

結局のところ、遊ばれるかどうか、また『遊ばれた』と感じるかどうかって女性の問題だけで男性は関係ありませんから、
『女性が肉体関係に対しどんな心構えを持っているか』これが全てなんです。

スポンサーリンク


ですので、『どうしても遊ばれるのが嫌だ』『相手の気持ちが欲しい』と思うのならば、
『結婚するまで肉体関係は持たない』と決めてしまえばいいのです。

もちろん、こんな女は相手にされないという可能性は高くなりますが、それでも、『遊ばれた』と感じる可能性はなくなります。
女性が遊ばれたかどうかの基準って、いつでも体の関係でしょう?

それならば、絶対的に安全な状態を作るまでそれをしなければいいだけの話。
むしろ、何の保証もない状態で関係を持ったという女性に非があるのですから、それが嫌なら徹底したルールを自分の中で作りましょう。

肉体関係を持つ時って、先のことなど考えたらダメです。
『その時をいかに楽しむか』これが肉体関係のルールです。
つまり、『気持ちが手に入らないかもしれない』とか『彼も私のことが好きなはずだ』とか、
こんなことを考えていたって、人の気持ちなど分かるはずがないのですから、『自分がどれだけ楽しむか』これに拘らなければなりません。

女性の場合、『楽しむのではなく愛し合う』こう捉える人も多いですよね?
しかし、そんな考え方を持っているからこそ、『遊ばれた』などという勘違いをするのです。
愛し合うというのは相手に求めることですから、これって実はハードルが高いのです。

この場合、何年も一緒にいる男女でないと実質難しいのではないでしょうか?
遊ばれたと感じる状況って、基本的には出会って間もない仲ですよね。
このような二人ならば、相手の気持ちなど分かる訳がないのですから、もっと現実を見るようにして、するのならば楽しめる女性になりましょう。


『結婚するまで肉体関係は持たない』、できるのなら、こんな女にはならない方がいいです。
このタイプの女性を男性は最も嫌いますし、そもそも関わろうとしません。

例えば真剣交際でも、『結婚するまではしない』と言われたのなら、その瞬間男性の気持って冷めてしまうのです。
女性は肉体関係に慎重になりますが、それでも肉体関係は重要です。

ですので、考え方を変えるようにして『遊ばれた』などと思わないようにしましょう。
たとえ気持ちが手に入らなくても、『楽しめたからいい』このように考えること。
付き合うこと前提でいると失敗しますので、そういうことは後で考えるとして、取りあえず楽しみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6