トップへ戻る

子持ち女性は対象外?

子持ち女性は対象外?

子持ち女性は対象外?

  男性が恋愛をする際に『子持ち女性は対象外なのか』これはよく議論になるでしょう。
  子持ち女性にとっては厳しいことですが、一般的には、子持ち女性は対象外になることが多いものです。

  というのも、男性が恋愛をする際に、『わざわざバツイチで子持ちの女性を選ぶかどうか』ということです。
  これは冷静に考えれば分かるはず。

  女性の場合、男性を見るポイントが『条件』であることも多いため、
  バツイチでも子持ちでも受け入れられてしまうことも多いのです。

  例えば、大金持ちの男性と結婚できるのならば、
  バツイチなど気にしないでしょうし、子供がいることだってどうでもいいのが女性ではないでしょうか?

  一方の男性は、あくまで『自分の子孫』これに拘るものです。
  そのため、女性に別の男との間にできた子供がいる場合、結論としては『荷物』でしかないのです。

  もちろん、その子供をかわいがることは男性にだってできます。
  しかし、当然それを受け入れることができない男性だっている訳ですから、それらの理由から考えれば、
  子持ち女性は対象外なのが普通と言えるでしょう。

  そんな中でも、彼氏ができたり再婚できる女性っていますよね。
  『子持ちでもまた恋ができる女』これはなぜなのか?


  これにはある理由があります。それが『男性の理性を失わせるほどの魅力を持っているか』というもの。
  結局男性は、理性と本能的欲求の間で揺れ動いていますから、その本能を刺激することができたのならば、
  子持ち女性の勝ちとなります。

  従って子持ちであっても、男性に『欲しい』と思わせることができるほどの女性ならば、可能性は十分にあるのです。
  通常男性は『子供を産んだ女』というのを女性として見ない傾向にあります。

  『子供を産んだ時点で女ではない』これが一般的な男性の見解ですから、その時点で女性ではないのです。

  ですが、子供を産んでも顔が変わる訳ではないですし、スタイルを保っている女性もたくさんいます。
  何より、子供がいると感じさせないくらいに、女としての魅力を保っている人もいますから、
  そんな女性になれれば、恋愛のチャンスがあるということ。

  このように、基本的にはNGな子持ちの女性ですが、可能性はあります。
  ですので、子供を産んでからでも恋愛や結婚がしたいと思うのならば、
  自分磨きを徹底して、男性に『まだ女だ』と思われるようにしましょう。


  子持ち女性は原則対象外です。ですが、どんなことにも例外はあります。
  男性は美人に弱いですから、上品な美人になっていつでも恋愛できるようにしておきましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6