トップへ戻る

遊ばれたと思わないこと

遊ばれたと思わないこと

遊ばれたと思わないこと

『自分を口説いてきた男性に好意を持ち、その男性と体の関係を持った途端、男性の態度が変わった』このようなことってよくあるでしょう。
要するに、『男性は体目当てで近付いた』というものであり、女性は『遊ばれた』と感じるはず。

しかしこれ、どれだけその男性のことを好きになっていたとしても、『遊ばれた』とか『最低男』と捉えることは違うでしょう。
というのも、その時は女性自身も『良い』と思って肉体関係を持った訳ですし、そもそも、その瞬間を楽しんだのではないでしょうか?
それにも関わらず、『彼の気持ちが手に入らなかったから遊ばれた』これは勝手すぎるでしょう。

要するに、軽いのは女の方ということ。
本当に相手の気持ちを手に入れてからにしたいのなら、『結婚するまではしない女』こんな人になればいいだけのことです。

もちろん、このような女性はモテませんから、それなりの覚悟が必要となりますが。
しかし、女性が言う遊ばれたということには、たいていの場合男性に非はないのです。

スポンサーリンク


例えば、男性が女性を口説くために散々奢ったとして、結果的に落とせなかったという状況。
この状況で、『騙された』と言う男性がいるでしょうか?もちろん中にはいるでしょうが、稀ですよね?
女性が遊ばれたと主張することもこれと全く同じなんです。

男性だって『その時は良いと思って奢った』となりますし、女性だって『その時は良いと思って関係を持った』のはず。
ですので、本来遊ばれたなどあり得ないことです。これを理解していない女性が多いですから、勘違い発言はしないように注意しましょう。

女性っていつでも自分の都合ばかりなのです。
例えばこの『遊ばれた』でも、男性が同じように『散々奢ったのにやらせなかった、最低女だ』と憤慨したら、
女性はその男性を責めるでしょう。

男性からすれば、『奢ってやったのにやらせない』こんな女は最低です。
一方で、女性が言う遊ばれたに関しては、男性としては普通のことであり、単純に肉体関係を楽しんだだけなのです。

このように、男女では捉え方が違います。
ですので、遊ばれたと女性間で盛り上がることは良いのかもしれませんが、
それが世間のルールであるかのような言い方は通用しませんので、常識的な言動を心掛けて、勘違い女にならないようにしましょう。


女性は気持ちが手に入らなかったり、数回の関係で終わると遊ばれたと主張しますが、
それは『そういう男女関係を楽しんだ』ということに過ぎないでしょう。

男性としては肉体関係を満喫した訳ですから、当然行為が終わった後には態度が変わります。
これって、お互いに誤解があったということです。

女性は『彼は私のことが好き』と勘違いしている。
男性は『肉体関係を楽しむための口説き文句、そもそも真剣交際したいなどと言っていない』と。

女性だって男性に奢ってもらう時『嬉しい!○○さんとだったらいくらでも一緒にいれる』くらいのことは言うでしょう?
どちらが悪いということではありませんので、何よりその瞬間を楽しむようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6