トップへ戻る

バツイチを打ち明けるタイミング

バツイチを打ち明けるタイミング

バツイチを打ち明けるタイミング

  交際中の彼に対して、バツイチを打ち明けるタイミングって悩むものですよね?
  理想としては、交際前からその手の情報は相手に伝えておくことです。

  例えば、知り合っていきなり交際する訳ではないですから、
  知り合ってから食事などをするようになった時点で
  『バツイチだ』ということは打ち明けておくべきでしょう。

  そうすることによって、男性に期待や誤解を与えることが無くなりますから、
  『重要なことは最初に伝える』本来ならばこれが基本です。
  男性って、彼氏持ちやバツイチ・子持ちという情報は、最初に知っておきたいのです。

  当然ですが、それによって気持ちをストップさせる男性はしますので、
  後になって知らされたのでは『どうして最初に教えなかった』となります。

  その時に、『タイミングがなかった』とか『言い出せなかった』というのは汚いやり方ですから、
  『この男性とこれから付き合うかもしれない』『好きになるかもしれない』と思ったのならば、
  バツイチは最初に打ち明けておきましょう。

スポンサーリンク


  【既に交際している場合】
  バツイチを打ち明けることなく交際してしまった場合、どこで打ち明けるかということが重要になるでしょう。
  こんな時は、自分に置き換えて考えてみることです。

  恋愛をする際に、『まさか相手がバツイチである』など考えるはずもないでしょう。
  そうやって相手のことを考えれば、いつ言うべきかは分かるのでは?

  『二人の関係が深くなり過ぎないうち』これが鉄則です。
  交際が長くなれば、当然結婚も視野に入れた関係になってきますから、
  そうなる前に打ち明けることです。


  男性がどんな反応をするか、また受け入れてくれるかは、その男性次第です。
  『普通はこうする』とか『愛情があればどう』ということは一切ありません。

  何より大切なことは『真実を伝える』ということですから、しっかりと『大切な話がある』と前置きした上で、
  バツイチを打ち明けるようにしましょう。


  バツイチを打ち明けるタイミングって難しいとは思いますが、
  自分ならば、『もうすぐ結婚か?』というその時まで黙っていられたら、『騙された』と感じるでしょう。

  こういう時に、なかなか打ち明けられないことって自分の都合でしかありません。
  相手のことが好きならば、すぐにでも打ち明けて関係をはっきりさせましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6