トップへ戻る

恋愛では『対等』を心掛けるべき

恋愛では『対等』を心掛けるべき

恋愛では『対等』を心掛けるべき

恋愛をするのなら『パートナーと対等な関係でいたい』このように思うことは当然ですよね?
例えば、『パートナーから命令されたい』と思う人は少ないでしょうし、
『自分を支配してくれる人が良い』と思う女性もやはり限られた人でしょう。

一般的には『楽しい関係』これを望むのでしょうから、それを可能にするのは『対等な関係』これしかないはずです。
とはいえ女性の中には『お姫様願望』これを持っている人も少なくないため、
『対等ではなくとにかく大切にされたい』と考える人もいるのでしょうが、その場合、男性の方がその恋愛に楽しさを感じることができず、
結果的には上手くいかないということも多々ありますので、男性に依存したり特別扱いを望むのではなく、
基本的には『対等な関係』これを求めるようにしましょう。

スポンサーリンク


対等でないと、あらゆることで問題になることが多いのです。
例えば、『心理的にNOが言えない状態』このような状態だと、
『本当は嫌だけど彼に合わせてしまう』『よくないのにいいよと言ってしまう』こういうことが多々あるでしょう。

これだと、ストレスが溜まる一方となるため、別れる頃には精神を病んでいることになります。
別れた時に『寂しさではなく解放感がある』こんな恋愛を経験した人もいるのではないでしょうか?

これって『よっぽど我慢していた』ということです。
本来ならば、自分から振るにしても、多少は寂しさがあるのが恋愛であり人間関係です。
それなのに解放感があるということは、よほど心理的に支配されていたということになりますし、
『言いたいことややりたいことをかなり我慢していた』こんな状況といえますので、
そうなる前に、『この人は本当に付き合うべき人か』これをしっかり見抜くようにして、自分を守るようにしましょう。

交際をする際には、この『自分を守る』ということが重要なんです。
交際って、人間関係の中で最も人と深くかかわりますから、『気が付かないうちにストレスを溜めこんでしまう』ということも多いのです。

そうなればそれは、確実にマイナスとなる交際ですから、早急に『別れる』という対処をするべきです。
『自分に合う人なのか』それとも『合わない人なのか』、これはしっかり見抜かなければなりません。
『好き』という感情だけに従っていると自分を見失ってしまいますので、
交際をする際には『自分を守れているか』これを主体に考えてみましょう。


『対等な関係』これが作れれば、自分を見失うことってまずないのです。
対等であれば言いたいことを言えますから、ストレスをため込むこともないのです。

『好きだから言えない』『嫌われたくないから』こんな状態になっているのなら、それは危険信号です。
自分の体は一つですし、心は一度痛むと簡単には癒えません。
取り返しがつかなくなる前に、しっかり相手を選んで決断しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6