トップへ戻る

男女関係を真面目に捉えないこと

男女関係を真面目に捉えないこと

男女関係を真面目に捉えないこと

男性に言わせれば『女性は男女関係を真面目に捉えすぎ』というものなのです。
男性って、『体だけの関係』だったり、『肉体関係ありの友達』などのように、必ずしも交際や結婚ではなく、
『肉体関係を楽しむ』これを基準にしているところがあるでしょう。

女性に言われる『真面目に捉えすぎ』とは、この『肉体関係を楽しむ』という考え方が少ないというもので、
真剣に考え過ぎずに『楽しければいい』という発想を持つことで、
『交際や結婚をゴールにしない』という男女関係を受け入れることも大切ということです。

例えば気になる男性と、勢いで肉体関係を持ったとして、男性が『好きではないから付き合えない』と言ったのなら、
女性は『好意があるからショック』となるでしょう。

スポンサーリンク


しかし、ここでショックを受けるのではなく、『肉体関係を楽しんだから、これはこれで良い』と考えるのです。
従って『関係を持つ時には自分が楽しんでおく』ということは大切になります。

または、初回に楽しめなかったのならば、『もう一度関係を持って、今度は自分もしっかり楽しむようにする』これも重要です。
要するに、『悲しい・つまらない・心残り』これで終わりにするのではなく、楽しい気持ちにしておくことが、男女関係では大切ということです。

ですので、『気になる相手と上手くいかなかった』と捉えるのではなく、『彼とは体だけの関係がちょうど良かった』と捉えるのです。
そうやって納得し楽しんでしまえば、自分も気持ちをリセットできますし、また新しい恋をスタートさせることも可能です。

何より、『失恋した』とくよくよする必要がないでしょう。くよくよしてマイナスになっていると、その分自分の時間を犠牲にするのです。
いつでも元気でいられないと大きな損をしますから、『全ては捉え方次第』このように考えて、
いつでも自分が楽しめる選択やそのための、『逆転の発想』を持つようにしましょう。


女性は、『交際と結婚』これに拘り過ぎなんです。これって結果でしかないでしょう。
好きな人ができて、その男性と関わるようになり、それらの結果が交際や結婚です。

ですので、好きな人ができた時点でそれを求めることって重いですし、何より楽しくないはずです。
『好きな人=付き合いたい』にするのではなく、『好きな人=一緒に楽しみたい』と考えてみましょう。

そうすれば、『どんな形でも楽しかったから良い』と納得できるはず。
真面目過ぎると何でも損をします。軽い気持ちを持つことも大切ですから、楽しいと思えることに積極的になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6