トップへ戻る

尊敬できないなら付き合わないべき

尊敬できないなら付き合わないべき

尊敬できないなら付き合わないべき

男性と付き合う基準の中で『尊敬できるかどうか』というのがありますが、その男性のことが尊敬できないのならば、
それは交際するべきではないとなります。
女性の場合、愛情と尊敬って近い部分がありますから、好きならばどこかで尊敬しているものです。
従って、それを感じられないというのなら、それは好きではないということになりますので、勢いで付き合ったりはしないように注意しましょう。

尊敬できない相手と付き合ってしまうと、男性を不幸にさせることになります。
男性としても、『自分のことを尊敬してくれる女性と付き合いたい』このように思っていますから、
『どこを好きかわからない』『尊敬できる部分などない』こんな状態で付き合われたのならば迷惑なだけなのです。

というのも男性はプライドが高いですから、『交際を承諾する=自分を認めた』と判断します。
この認めるとは、自分の能力だったり、外見や性格など、ありとあらゆる部分のことを言います。
つまり男性は、女性が交際を承諾した時点で自分に惚れ込んでいると思っているのです。

スポンサーリンク


もちろん『そんなことはない』と主張する女性もいるのでしょうし、『交際をしながら判断していきたい』とする女性もいるでしょう。
しかし、男性はそのように思っているという部分がありますので、それは理解しておくようにすることと、
付き合うのならば尊敬できる相手を選びましょう。

女性だって、彼氏からは『可愛い』と言われたいでしょう。
例えば彼氏が、『別に可愛いとは思わない』『むしろブス』のように言ったのならば、『ならどうして付き合っているの?』と思うのでは?

男性を尊敬できるかどうかってこれと同じです。要するに、『可愛いと思うこと』これと同じでマナーということです。
交際をするのなら、相手に対する最低限のマナーというものがあるでしょう。

特に外見に対することは、実際には思っていなくてもプラスの評価をしなければならないこともあるでしょう。
そういう気遣いができるかどうかも重要ですし、それが『相手を尊敬しているかどうか』に繋がってきますので、
マナー違反な女にならないように、相手はしっかり選びましょう。


体だけの関係や肉体関係ありの友達ならば、尊敬など必要ありません。
純粋に肉体関係を楽しむ仲ならば、『相手のことをどう思っているか』よりも『その瞬間を楽しむ』これが大切になりますので、
余計なことなど言わない方がいいでしょう。

ですので、『ついつい本音を言ってしまう』という女性は、肉体関係ありの友達など、そのような関係を築いた方が良いです。
真剣交際となると様々なハードルがありますので、まずは簡単なところから楽しむようにして、徐々に慣らしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6