トップへ戻る

泣く女はダメ

泣く女はダメ

泣く女はダメ

『何かにつけて泣く女』『泣くほど私は苦しんでいるとアピールする女』このような女性はダメな女です。
交際をしていると『泣いて男性に訴える女』というのがいるでしょう。
女性の場合、『泣けばいい』『泣けば男は何もできない』と思っているのか、とにかく泣く女性が多いですよね。

それでいて自分の主張が通るとすぐに泣き止んで『仲直りね』などと言ったりするものですから、
男性としては『この女はダメだ』と感じるのです。そういう行為って、男性を完全になめている証拠でしょう。

『自分が間違っていても、自分のわがままでも、泣いてしまえばこの男ならば何とかなる』そう思っているからこそ泣く訳で、
『涙など通用しない』この前提があったのなら、女性だって簡単に泣いたりなどはしないはず。
また、会話の中で『昨日久しぶりに泣いた』とか、このような発言を混ぜてくる女性もNGです。

スポンサーリンク


要するに『私は今それだけ苦しんでいる』これをアピールするために、本当かどうかも分からない泣いたという話をする女、
男性はこんな女が大嫌いなのです。
これって男性に例えると、『最近体の調子が悪い』とか『何もやる気がしない』とか、その手のことをアピールすることと同じですよね。

それが嫌いな相手ならば『自分が原因で嫌いな相手がダメになっている』こんなことがあれば楽しいでしょうが、
恋人からそれを言われても楽しくなどないでしょう。
『泣いた』とか『その場で泣かれる』って、それと同じですから、そんなことが続くようならば交際など継続するはずもありませんから、
だからこそ『泣く女』これはNGなのです。

交際をする際に注意すべきことは、『楽しさを心掛けること』『強くいること』です。
彼氏ができると『弱さを見せていい』『精神的に頼っていい』と勘違いする女性もいますがそんなことはありません。
それをされたら男性は負担になりますから、何れは別れることとなります。

ですので、基本的には辛いことや愚痴など、マイナスな部分は見せないようにして、彼氏の前ではいつでも気を抜かないようにしましょう。
『それでは交際をする意味がない』このように思った女性もいるかもしれません。

しかし、このような女性はむしろ交際などしない方がいいのです。
結局のところ『頼ることが目的』こんな女性って面倒くさいですから、最終的には捨てられます。
自分が変わらない限り良い相手と巡り合うことなどありませんし、その恋愛が良いものになるかどうかなど自分次第です。
ですので、自分の考え方を変えて、成長できる恋愛をしましょう。


何でもマイナスに捉える女はダメです。
『泣く』これは全てにおいてのマイナスとなりますから、『男性の前で弱さは見せない』という気持ちを持つようにしましょう。
泣いても捨てられるだけで、何かが解決することはありません。
解決させたいのならば自分が変わること。交際することはそれほど甘くないですから、捨てられない女になるためにも努力しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6