トップへ戻る

振る時は相手に勝たせてあげること

振る時は相手に勝たせてあげること

振る時は相手に勝たせてあげること

恋愛というのは勝負のようなもので、必ず勝ち負けがありますが、その代表が『振った・振られた』でしょう。
どんな状況で勝つべきか?また負けるべき時とは?これを知っておかないと後々大変となりますから、
後で問題にならないためにも、『振る時には相手に勝たせる』これを心掛けて、安全な恋愛を楽しみましょう。

例えば振る時に、メールで『今日で終わり、それじゃ』とたったの1通だったのならば、振られた側は悲しさや寂しさではなく憤慨するでしょう。
『一方的に終わりにさせられる』こんなことをされたらキレるのが普通であり、
『許さない』『やり返してやろう』このように思うのが当たり前のはず。

これは、男女どちらもが持つ感情ですから、振る時って最も注意が必要なのです。
だからこそ、わざわざ相手を呼び出して、お互いに納得できる形で終わりにしようとすることが一般的で、
そこで修羅場になろうと、どれだけ罵声を浴びせられようと、『その場で済んでしまう』これが最も望ましい解決方法と言えるはず。

スポンサーリンク


また、『相手に勝たせる』これが重要なんです。
最後の時だけは、相手に言いたいことを言わせてあげて、自分はぐっと耐える。
これをしないと長引くことにもなりますし、最悪の場合ストーカーなどにも発展します。

また、新しい恋愛をした際に邪魔をされることもあるでしょう。
ですので、できるのならば直接会って話を聞くこと、相手が何も言いださないのならば、
『私に言いたいことがあるんでしょ』と話を聞き出してもいいでしょう。

ストレスを抱えたまま終わってしまうと、その人にとっては完全な不完全燃焼となり、何年経っても何十年経っても憎しみとして残ります。
そうなれば、一生恨まれる間柄となりますし、どこかで会った時には何をされるかも分かりません。

そうならないための対策が、『相手に勝たせる』というのもです。
振るのなら、全てを吐き出させて終わりにしないと相手は不満が残りますから、そうならないためにも、『勝たせる』ということを考えましょう。


自分自身、『負けた』と感じることってとても悔しいでしょう。
振られることって負けることと同じですから、それに加えて言い返すチャンスが無かったりしたのなら、
その恨みは計り知れないものとなります。

昔の元恋人にどこかで会った時に『どうしてそんなに怒っているの?』と言わんばかりの態度の人も中にはいるはずですが、
それってその時にやり返していないからと考えられます。
ストレスを溜めさせることは絶対にマイナスですから、それはしないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6