トップへ戻る

奢られた時点で女の価値が下がる

奢られた時点で女の価値が下がる

奢られた時点で女の価値が下がる

男性は『女は奢ればどうにでもなる』このように思っています。従って女性は『奢られた時点で女の価値が下がる』このように捉えるべきです。
男性が奢ることの理由は、『肉体関係を持ちたいから』これ以外にはありません。

とはいえ、『奢ったその日に関係を持つ』という訳ではなく、『いつかチャンスがあった時のために』と考えている男性が多く、
日頃から手なずけておくという訳です。
これに引っ掛かる女性は多く、女性というのは奢ってやるとその男性に好感し、そのうちは体を許します。

要するに男女関係というのは、『男が金を払って、女が体を払う』このようにできているのです。
また、男性も金を払うことに抵抗を感じていませんし、女性も体を払うことに抵抗など持っていないのでしょう。

ですが女性は、表向きでは『金で買われる』ということをとても嫌がりますよね。
例えば『いくらならいい?』と聞かれたら憤慨するのでは?
これも結局、男性が奢った金額をトータルで考えれば『いくらだった』ということになるため、
『最初に金額を設定するか』それとも『男性が金額を設定するか』この違いでしかないのです。

スポンサーリンク


ですので女性も『いくらくらいならばいいな』と思うのならば、始めにその金額を提示してしまうこともありでしょう。
『3万円ならいいよ』と男性に提案したのなら、男性もそれなりの準備をするはず。

しかし、当然ではありますがお金を貰って関係を持つことは違法ですから、他の形で考えることが賢い選択となりますが。
いずれにせよ、『男性に奢ってもらう』とは、『お金を貰って肉体関係を持っている』これと何も変わらず、
女性が最も嫌がる『いくら?』と聞かれていることと同じなのです。

従って、そのような女性になりたくないのなら、『男性の奢りを受ける』これを一切断ることです。
奢られた時点で軽い女であり、また『金で買われた』と自分で認めたことになりますので、
そんな女になりたくないのならば、自分一人でも生きていける強い女性になることが大切になります。

男性は、『奢るよ』と言ってそれを女性が承諾したのなら、その時点で見下します。
一方で、奢りを断る女性がいた場合には、『しっかりした女性だ』と感じ興味を持ちます。

そもそも、男性が奢る理由もなければ、男性に奢ってもらう理由もないでしょう。
『自分のことは自分でする』これが常識ですから、見下されて金で買われることがないように、断るべきことはきっぱり断りましょう。


『女性の価値を保つこと』これって簡単なことですが、女性自身が自分でそれを下げてしまっていること、ここが問題なのです。
『女は見下される』『社会で上に立てない』こう思うのなら一切男に頼らないことです。
男に頼っている時点で見下されて当然なのですから、何でも自分でするようにして、男性の上に立ちましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6