トップへ戻る

女性はするべきしないべき?

女性はするべきしないべき?

女性はするべきしないべき?

女性というのは二つに分かれ、『男性と肉体関係を楽しむタイプ』と『男性から体を求められても拒むタイプ』これらがありますよね。
この両者、どちらが勝ち組なのか?よく『簡単にやらせたら軽く見られる』と考える女性がいるでしょうし、確かにそれは言えることです。

しかし厳密に言えば、『簡単に体を許すこと』これが軽く見られるのではなく、
『関係を持つことによって相手に惚れ込んでしまう』こうなってしまうからこそ軽く見られるのです。

例えば初対面で肉体関係を持っても、女性の気持ちは全く動かず、好意が終わった直後にもサバサバしていて、
『今日で終わり』とも『今後も続けたい』とも何も言わなかったのならば、追いかけるのは男性の方になります。

スポンサーリンク


一方で行為終了後、男性に抱き着いたり、別れるのを名残惜しんだり、『私達ってどういう関係?』と問い質したり、
つまりは関係を持ったことで相手に興味を持って追いかけてしまったのならば、その時点で軽く見られるということになります。
このように、軽く見られるかどうかって、気持ちの問題なのです。従って、どのタイミングで関係を持つかということはまず関係ありません。

むしろ、『簡単にはやらせない』このような女性の場合、肉体関係を持った途端に男性が冷める可能性があります。
というのも、男性の性欲って狩りに近いですから、なかなか手に入らず、時間をかけて追わされた場合、仕留めたらそれで満足なのです。

一方で簡単に手に入る場合、『また狩ってやろう』という気持ちになるため、そうなれば定期的にしたくなってくるもの。
もちろん殆どの女性は、『簡単にするべきではない』と考えているでしょう。

しかし現実は逆です。男性というのは時間や金をかけさせられればそれだけ愛情ではなく単なる性欲へと変わります。
ですので、『一度関係を持ったら満足』このような関係にされたくないのならば、男性に求められた時に関係を持つようにして、
気持ちでコントロールできる女性になりましょう。


結論としては、『早めに関係を持って、追いかけないのが勝ち組』こんな風になります。
女性の中には『やらせたら負けのような気がする』や『関係は持たないで、なおかつ追わなければいい』
と思っている女性もいるのでしょうが、そうすると相手にされないだけです。

男性の目的は肉体関係ですから、はっきり言ってしまえばそれを拒む女には用が無いのです。
それをした上で真剣に付き合うかどうか、好きになるかどうかを判断するのが男性ですから、
まずは関係を持ってみて、その上で追いかけさせることができる女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6