トップへ戻る

女性が拒むべきではない状況とは

女性が拒むべきではない状況とは

女性が拒むべきではない状況とは

『こんな状況になったら女性は肉体関係を拒むべきではない』こんなものがあります。それが『男性が奢ってくれた時』です。
男性が奢ってくれたのならば、それなりのお礼をするのが当たり前ですよね?

従って、奢ってもらったのならば肉体関係を拒むことはNGとなります。
女性の多くは簡単に男性に奢ってもらう傾向がありますが、『人に奢ってもらう』とは、そう軽いことではありません。
普通に考えれば分かるでしょうが、何の目的もなく『奢りたいから』と思う人などいるはずもなく、そこには必ず、明確な目的があるのです。

男性が奢る目的というのは一つであり、それは当然肉体関係ですから、その気がないのならば奢ってもらわないこと、
奢ってもらったのならば素直に関係を持つこと、これが常識であることを女性は自覚し、
男性と関わる際にはいつでも意識を高めておきましょう。

スポンサーリンク


また、このような常識から判断すれば、『奢ってもらったのならば、女性から誘うべき』とも考えられます。
奢ってくれた男性と肉体関係を持つことって、『奢ってくれたことへのお礼』ですよね。
それならば、男性が誘ってくるのを待つのではなく、女性から誘うことがマナーであると考えるべきなのでは?

もちろん女性も、『これから関係を持ちませんか?』などのようなストレートな表現はできないでしょうから、
こんな時は『ご馳走になったお礼がしたいから、良かったら家に来ませんか?』と言えばいいのです。

そうやって家の中に入ってしまえば、後は自然な流れでことに応じるでしょう。
限界に入った途端に抱き合ってキスをすることもあるでしょうし、ソファに座った瞬間見つめ合うこともあり得ます。

または、なかなか発展しないというのなら、男性に『泊まっていくこと』これを提案するのです。
そうすれば、同じベッドで寝てしまえばほぼ確実にすることになりますので、しっかりとお礼もでき、
お互いに体が合えば、『交際に向けてさらに深く相手を知るようにする』ということもありとなります。

体が合うかどうかは男女関係では重要ですから、それを知るためにも、
『お礼』という口実を生かして肉体関係を持つことはとても大切なことです。
このような状況ならばたいていの場合が肉体関係に発展しますから、せっかく男性が奢ってくれたのなら、
礼儀知らずな女性にならないようにしっかりお礼しましょう。


どんなことにもお礼はつきものでしょう。
女性の場合『肉体関係で返す』これをしてしまえばたいていのことには対応するため、奢りに限らず使ってみることもよいでしょう。
男性は、お礼できる女性に魅かれるものです。

というのも、世の中にはお礼できない女性の方が多いですから、しっかりした女性は良い意味で目立ちます。
マイナスイメージはなかなか払拭できませんから、するべきことはしっかりしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6