トップへ戻る

恋愛でダメになる人の特徴

恋愛でダメになる人の特徴

恋愛でダメになる人の特徴

『恋愛をするとダメになってしまう人』このような人っていますよね。
恋愛をすると仕事も趣味も、自分も時間も全てを犠牲にしてしまい、『恋人のみ』となってしまう。こんな人もいるでしょう。

このような人って、恋愛そのものが決して楽しくないでしょうし、恋愛に対する考え方がパートナーと合わなかった場合、
『思い通りにならない』という苦しさから、とても辛い恋愛となるのではないでしょうか?

例えば『自分は毎日会いたいと思っている』『しかしパートナーは、仕事や趣味、友達を優先したいと考えている』
こうなっていると全く合いませんから、ストレスがたまるだけの交際になるでしょう。

スポンサーリンク


さらには、こんな恋愛ってたいていの場合が続きませんから、結果的にはダメになりますし、
相手に対する気持ちが無くなった時に『とても時間を無駄にした』と初めて気づき、さらには、その期間相手のことしか考えなかったため、
その結果多くを失ってしまったということにも後になって気付くのです。

つまりは、最悪の結末が待っているということですよね。これでは、『自分は交際などしない方がいい』となってしまうでしょう。
このように『恋愛でダメになる人』には特徴があるのですが、それが『全てを感情で捉える』このようなタイプの人なのです。

優先順位が自分の感情だと、何をやってもダメになる傾向が強いです。
人間関係って個人の感情のままには行きませんから、『自分の感情を最優先したい』と考えると、孤立することってよくあるのです。

だからこそ近年の人間は、『空気を読む』ということに必死でしょう(2013年現在)
例えば、その場の空気も読まずに感情的になり『私はこうしたい』と主張したのなら、
その人ってグループから孤立してしまうのではないでしょうか?

結局のところ、自分の感情最優先の人って、相手の状況などが読めていないのです。
その裏にあることや、そこに至るまでの経緯を考えられていないからこそ恋愛でもダメになりやすいのです。

『会いたい会いたいと連発する女性』こんな人もいますよね?
このような女性も感情最優先に該当しますが、忙しくて時間を作れない男性からすれば、これを言われたらどう思うでしょうか?

最初のうちは『時間を作れなくて悪いな』と感じるでしょうが、それでも仕方のないことだから理解してほしいとも思うはず。
その結果、『ただのわがまま女だ』と感じるようになり、最終的には嫌いになるのです。

『自分最優先』『感情最優先』これでは恋愛はもちろん、人間関係は上手くいきません。
相手の状況を考えられてこそ対等になれますから、それを知った上でただのわがままがしたいのなら、
それこそ恋愛は止めて、体目当ての男を複数持つようにしましょう。


体目当ての男なら、飽きるまでは相手にしてくれます。
ですので、飽きられたら他の男というサイクルで男性を回っていけば、若いうちは感情最優先でもやっていけます。
いずれにせよ、年を取ったら真面な人間以外はダメなんですから、自分を磨くが孤独になるか、どちらかを選びましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6