トップへ戻る

男女の友情を確認するには

男女の友情を確認するには

男女の友情を確認するには

『男女の友情』これを信じて止まない女性も多いですが、本当に男女の友情があるかどうかって、実際には難しいところなのです。
というのも、男性には性欲があるため、その女友達のことが好きな訳ではないが、
関係を持ちたいから我慢して友達でいるということも十分ある訳で、
実際に、『肉体関係を持った途端に険悪になった』とか『実は好きだった』ということもよくありますよね。
ですので、『単なる女性の思い込み』これを男女の友情と勘違いしていることもありますので、それは注意しましょう。

本当の男女の友情が成立しているのかどうか、
これを知るためには『肉体関係を持ってみること』または『同じベッドで一晩寝てみること』これが重要になります。


女性は『男友達は友達であって、肉体関係を持つ対象ではないから一緒に寝たりはしない』とする人が多いですが、
男性は全く問題ないという人が殆どのはず。
むしろ、『積極的に関係を持ちたい』という人の方が多いでしょうから、この時点で男女の考え方には差がありますよね。

スポンサーリンク


従って、本当の友情を確かめるためには、『関係を持つか』『一緒に寝るか』どちらかを試すべきです。
また『とりあえず一緒に寝てみる』ということも十分ありですから、親友だというのならば泊まりで旅行でも行って、
同じベッドに入って一緒に寝てみましょう。
そこで、何も起こらなかったのならば、その時は『お互いに納得しているか』が問題となります。

例えば『女性が拒んだ』というのならば一発でアウトですね。また、『男性はしたいが我慢した』という場合も最終的にはダメになります。
何も起こらなかった場合でも友達でいられる条件はただ一つで、『お互いに異性として興味がない』というもの。
こうでない限り、男女の友情など言えたものではありませんので注意しましょう。

一方で、『関係を持った場合』これは健全な関係といえますが、これもその後の対応によって分かれてきます。
『どちらかに気持ちがある場合』これは確実にダメになります。

ですので、関係を持った場合には、『肉体関係ありの親友』これを受け入れて、気持ちなしで関係を持ち続けること、
つまりは、純粋に行為だけを楽しめる仲になることが重要ですし、それができれば本当の親友といえますので、
男女の友情を作るのならば、そんな関係を目指しましょう。


『男女の友情がある』これって圧倒的に女性が口にする言葉です。男性はあまり言わないでしょう。
つまり、『異性として見ていない』こう思っているのは女性だけであって、
男性は『肉体関係を持って初めて男女の友情を築ける』というものですから、それを受け入れることです。

男女では本能的な部分が異なりますから、肉体関係もなしに『男女の友情』などと言ったら男性から反感を買います。
全ては肉体関係からです。それを重視できる女性になって、本当の友情を成立させましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6