トップへ戻る

男性は妊婦に優しい?

男性は妊婦に優しい?

男性は妊婦に優しい?

妊婦というと、『誰からも優しくされる』こんな印象があるでしょう。
例えば妊婦が困っているのなら、『皆が助けてくれる』こんな風に思っている人もいるのでは?

しかし、それは女性同士でのことで、男性は決してそんなことはありません。
むしろ男性の場合、『妊婦になど興味はない』というのが基本的な考え方です。
なぜなら、妊婦というのは既に結婚しており、しかも腹の中に子供がいる訳ですから、助けたところで何もないですよね?

男性としても、『人の女など助けない』『やれない女など助けない』と考えている訳であり、
つまりは、『時間の無駄』これを避けたいのが男性なのです。

例えば妊婦が困っていたとして、それを助けても感謝される保証はない訳ですし、また100%肉体関係の可能性はありません。
ですので女性は、『結婚したら最後』『子供が出来たら最後』こんな考え方を持つことが大切になってきます。

スポンサーリンク


男性が助けるかどうかの基準って、『その女性と関係を持ちたいかどうか』全てにおいてこれなのです。
これは職場などでは顕著に表れるもので、『美人には優しいが、ブスやデブには冷たい』こんな男性は多いでしょうし、殆どがこうなのでは?
例えば、同じミスをしても、美人には優しく教えても、ブスには怒鳴りつけるような男性も多いでしょう。

要するにこれは、男性がその女性と関係を持ちたいかどうかですから、女性は男性から優しくされたいと思うのならば、
『一生関係を持ちたい対象でいること』これが大切になってきます。

もちろん、60歳過ぎになっても『関係を持ちたい対象』となることは難しいでしょうが、
何よりもったいないことは『若くして結婚する』『若くして子供を持つ』ということです。
そんなことをしてしまったら、どこでどう苦しんでいようが男性は助けてくれませんので、
今後のこともしっかり考えて、結婚や子作りはするようにしましょう。

男性は、とにかく子持ちの女が嫌いなんです。
子供がいる女って、『子供が第一』のような顔をしながらも、『私はまだまだ女』という表情をするため、
男性としてはそれが不気味で仕方ないものです。
女性は出産したら女ではありません。それを十分に理解して、『どんな人生を生きたいか』これを考えるようにしましょう。


『どんな条件でも優しくされたい』女性にはこんな甘い考え方を持っている人が多いですよね^^
しかし、男性が優しくするのは『肉体関係が持てる女』これだけですので、そこを勘違いしないようにしましょう。
女性はいつでも選択が迫られているのです。
女でいるか、それとも女を捨てるか、これは女性次第ですから、後悔しない選択をしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6