トップへ戻る

男友達に告白をするタイミングとは

男友達に告白をするタイミングとは

男友達に告白をするタイミングとは

  ずっと仲の良い友達でいたため、『今さら告白するという関係でもない』という状況になってしまった男友達。
  こんな関係もあると思います。

  このように、仲の良い男友達に告白をするタイミングって難しいものでしょう。

  特に、『今の関係を崩したくない』と思ってしまうと、より一層告白のタイミングというのが分からなくなり、
  結果的に告白できずに終わってしまうこともありますね。

  『告白すべきか』『友達のままいるべきか』これを悩んでしまった時には、
  しっかり未来を考えることが大切になります。

  例えば、告白しなかった場合の未来だと、男友達は親友のまま何年もずっと一緒にいるはずですから、
  それはそれで楽しいはず。

  しかし、その男友達には彼女ができたり、結婚して子供が出来ることだってあり得ます。
  そうなれば、自分は取り残されたという気持ちになるでしょうし、
  その時点で吹っ切れたとしても、かなりの年齢になっている可能性もあるのです。

  お互いに若いうちは、『恋愛できなくなる』など考えるはずもないでしょう。
  しかし、30歳代・40歳代、またそれ以降にもなれば、
  『私はこのまま恋愛できないで終わるのかも』と思う時期が必ず来ます。

  ですので、そう考えれば片思いを続けることというのは決して良いことではないのです。

  男友達と絶縁状態になることを覚悟してでも告白してしまった方が、
  自分の人生のためと考えられます。


  ですので、『私はこの人のことが好きなんだ』そう感じた時点で、迷うことなく告白してしまいましょう。

スポンサーリンク


  【タイミングは関係ない】
  理想的なタイミングは『その男友達と関係が途切れる時』これだと思います。
  例えば、それぞれ別の道に進む時です。

  しかし、仲が良ければその後も会う可能性は十分にあります。
  ですので、そういうタイミングを待ってしまうことは得策とは言えません。

  むしろ、片思いでいることの方が時間の無駄ですから、早めに告白をして自分の中でけりをつけるべき。
  告白が早ければ、ダメでもそのぶん傷が浅くて済みます。

  長い間片思いを抱え込んでいるからこそ、振られた時の衝撃も大きいのですから、
  『仲の良い男友達だから』と考えずに、ストレートに気持ちを伝えて楽になりましょう。


  現状が楽しいと、その関係を崩したくないと思うはずです。
  しかし、そのような関係ってどこかで崩れてしまうものです。

  自分に気持ちがあると、純粋な友達になることって難しいですから、
  『いずれは崩れる関係』と考えること。これも大切です。
  気持ちを溜めこむことは体にも悪いですから、『好きだ』と感じたら告白をして、心を解放しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6