トップへ戻る

金がかかる女に価値はナシ?

金がかかる女に価値はナシ?

金がかかる女に価値はナシ?

『金がかかる女』これって基本的にアウトな女ですが、このような女性は1%も可能性がないものなのか?
まず、真剣交際や結婚という意味では、1%の可能性もありません。

男性は金がかかる女だと分った時点で冷めますし、
『私に金をかけられないということは愛情が無いんだ』などと言われたら本気でキレるものです。
このように、歪んだり偏った愛情表現を求める女というのは論外ですから、金がかかる女というのは100%アウトなのです。

しかし、『真剣交際や結婚は考えない』というのなら、別になしではありません。
例えば体だけの関係、それも、『肉体関係ありの友達』というのなら、基本的には友達な訳ですから、
女性にプレゼントを買う必要もなければ、高い店に連れて行かなくても良いでしょう。

要するに、『肉体関係だけを楽しむ仲』これならば、他の部分では金がかかるらしい女であろうと男性には関係がありませんから全然アリです。
つまり男性は、『自分が買い与える立場』これになるのが嫌なだけですから、
例えば真剣交際でも『買い与えなくていい』というのならば付き合えます。

スポンサーリンク


このように、外見的に金がかかりそうな女であっても、全ては女性の意識の問題ということになってくるのです。
例えば、ブランドで固めているような女ならば、パッと見で金がかかりそうな女ですよね。
その様な女性が、服や持ち物を『男性に強請るのか』それとも『自分で買うのか』これが重要なんです。

従って、『女性に収入があるかどうか』これがカギになってきます。
女性に収入がありさえすれば、何も男性に買ってくれと頼んだりはしないでしょうから全く問題ないはず。

ですのでこれからの時代、女性も高収入であることが求められるのです(2013年現在)
では、実際に年収いくらくらいの女性ならば男性は安心するのか?
この辺は女性が感じるそれと同じかもしれませんが、男性は『年収600万円』このくらいの女性ならば金がかかりそうに見えても安心します。

年収600万円以上あれば、独身ならば十分に贅沢ができるでしょう。
それがもし、年収300万円の女性だったのならば、一人暮らしならばファッションに拘れるほど金が残らないのではないでしょうか?

このように、女性自身に収入があるかって重要ですし、それは、女性自身の考え方や姿勢をも変えてしまうものですから、
金がかかる女でも価値ある女になるためには、
『付き合わなくても肉体関係アリの女になる』または『高収入の女性になる』このどちらかを身に着けましょう。


金がかかる女というのは本当に相手にされないものです。ですので、『特典』がなければなりません。
特典というのは上述した通り、『肉体関係あり』または『高収入』ということ。
何れにせよ、男性に奢ってもらおうというのはNGですから、自分のことは自分でできる女になるようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6