トップへ戻る

これからは子供が不要な時代?

これからは子供が不要な時代?

これからは子供が不要な時代?

子供が欲しいという人はもちろん産めばいいのですが、
これからは『敢えて子供に拘る時代ではない』このようなことが考えられます(2013年現在)

今までならば、『男女はそれなりの年齢になったら結婚をして、また子供を作り〜』とこれが常識化されていたでしょう。
しかし現在は、『これが常識』というものがありませんし、何より『自分自身が自分の一生を楽しむ』こんな時代になっていますし、
それが認められた時代なのです。

例えば、一昔前ならば、独身で遊んでいる人に対しては『結婚もしないでふらふらとして』と世間の目は冷たかったでしょう。
しかし現在ならば、『あの人は独身主義のようだ』と特に偏見を持たれることはありません。
それどころか、『独身者は既婚者から羨ましがられる』こんな傾向にあるのです。

スポンサーリンク


結婚した場合、毎日が我慢の連続であり、またそれが一生続く訳ですが、独身の場合には、基本的に我慢がありません。
したい時にしたいことをして、自分が稼いだお金は自由に使い、遊びたい時に遊べる仲間がいて、
また、誰のことも気にしないでいいため、とにかく自由なのです。

『独身は幸せではない』とか『独身は寂しい』という人がいますが、それは負け組の考え方であり、
普通に考えれば、『独身ほど幸せで楽しいものはない』となるはず。
寂しいことなどありませんし、特に近年の独身者には仲間も多いですから、そうなれば、既婚者のように『家庭』という箱の中に納められるよりも、
解放的で豊かな生活ができるもの。

さらに、独身の場合には、『一生恋愛をするドキドキ感が得られる』という楽しみもあります。
近年では、何歳になっても恋愛を楽しめるような仕組みに社会がなっていますから、行動さえすれば年齢に関係なく恋愛を楽しめるのです。
一方既婚者の場合、恋愛をするなどご法度ですし、大問題に発展することもあるでしょう。

ですので、このようなことから考えれば、
『子供』これに拘ってしまうとつまらなくなりますし、『これからは子供など不要だ』と考えた方が賢いのです。


どれだけ独身主義が増えたところで、『結婚したい・子供が欲しい』という人が消える訳ではありませんから、
それ程子供の数が減少することはありませんし、むしろ、本当に望まれて作られた子供のみの社会の方が、
質の良い子供が増えていいとも考えられます。
『少子化だから』とか、そんな圧力に感化される必要などありませんから、自分がどうしたいのかをしっかり考えて、楽しめる選択をしましょう。


子供を持つことって勇気がいることです。
人生の主役を自分から子供にすることですから、自分を犠牲にする選択ですし、大きな責任を伴います。
その覚悟があるかどうか、これが大切にもなりますので、それを十分に考えた上で、大切な決断をしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6