トップへ戻る

女の需要は何歳まで?

女の需要は何歳まで?

女の需要は何歳まで?

『女性の需要は何歳までなのか?』これは女性も気になるところでしょう。
例えば、もう男性から必要とされていないということに気付けずに
『私はまだまだ第一線にいる』と勘違いしている女ほど痛いものはありませんし、反対に、年齢的にはOKなのに、
外見がNGとなってしまっている女性などはもったいない限りです。

従って、せめて需要があるうちにたくさん男性を知れるように、その時期だけでも綺麗な外見を保っておくことが大切ですので、
意識を高めておきましょう。

女の需要とは『30歳くらいまで』が平均となります。これ以上になると、『特別な美人』を除いては、需要無しとされますので覚悟しましょう。
例えば、『20歳代はそこそこモテていた』という女性でも、30歳を超えると急にモテなくなり、
全く男性から相手にされなくなることが多々あります。

スポンサーリンク


これは、女性自身が老け込んだということもあります。『年下に押されている』ということも強く言えるのです。
要するに、30歳過ぎの女性がどれだけ頑張っても、結局男は若くて美人な女性を選びますし、そんな女性と話したいに決まっているのです。

だからこそ、30歳過ぎの女性に関しては『特別な美人』でないと需要が無い訳で、女好きの男性でも、30歳過ぎの女性が相手だと、
関係を持てるチャンスがあっても『別にしなくてもいいか』と興味を持たなくもなってくるのです。

そうなってしまったら悲しいですよね。女性というのは、男性から下心を持って見られることを嫌いますが、
一方で、『男性から相手にされない・女として見られない』これも嫌がる傾向があるでしょう。
特に30歳過ぎくらいになってくると、『男性に相手にされない』これが顕著に表れます。

だからこそ、10歳代・20歳代にできるだけ男性を楽しんでおいて、
20歳代後半くらいで伴侶を見つけることが理想的な女の勝ちパターンとなるのですが、
近年では、十分に男性を楽しんだ女性でも、結婚相手を見つけることができずに孤独になり、
最終的には誰にも相手にされない負け組女になるという形も多発しています。

そのため、『そうならないために』と20歳前後で結婚する女性も多い訳で、しかも相手は10歳以上年上だったりもする訳ですが、
20歳前後での結婚を考えているのなら、確かに男性が年上でないと、現実的に結婚生活が厳しくなると考えられますので、
するのならば相手はしっかり選んだ方がいいかもしれません。

何れにせよ、女としての需要は短いものです。ですので、その期間にできるだけ男性を楽しんでおかないと必ず後悔します。
恋愛や交際が全てではありませんから、肉体関係に積極的になって、求められるということを楽しみましょう。


20歳代と30歳代とでは、天と地ほどの差があるのです。
というのも、20歳代におばさんとは言いませんが、30歳代にはおばさんということが多いものです。

そもそも30歳代になると、社会が『若い人』とは見てくれませんので、その違いに自分自身が衝撃を受けますし、
受け入れるまでに時間がかかります。
もっと楽しんでおけばよかったと思わないで済むためにも、チャンスは逃さないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6