トップへ戻る

男性と関係を持つことにデメリットはある?

男性と関係を持つことにデメリットはある?

男性と関係を持つことにデメリットはある?

『女性が男性と肉体関係を持つこと』これには全くデメリットがありません。従って女性は積極的に多くの男性と肉体関係を持つべきです。
もちろん、病気や子供などといった、基本的な対策はする必要がありますが、
それらを除けば『関係を持つことで女性が優遇される』これが基本となりますので、『まずは肉体関係』こんな考え方を身に着けましょう。

肉体関係を持つというと、男性ばかりにメリットがあると考えられていたでしょう。しかしそんなことはないのです。
というのも、冷静に考えれば『肉体関係を持つことの男性のメリット』これって何でしょうか?
男性としては『快感』これ以外何もないのではないでしょうか?

要するに男性は、一時的な欲求のために多くの犠牲を払って関係を持っているとなる訳で、実質的なメリットって実はないのです。
例えば、『場所代も男性が負担』『食事をするのならばそれも男性が負担』
『女性のつまらなくて結論のない話も聞かなければならないという精神的苦痛』
『関係を持つためにかける日数やそのために使った時間も無駄』などのように考えれば、男性は我慢と損失の連続で、
本当に『快感』以外何も得することはないですよね。

スポンサーリンク


一方で女性は、当然快感も得られる訳で、また、ただでゆっくりしたり、あるいは泊まったりなどのリラックス効果が得られ、
食事も奢ってもらえて好きなだけ話も聞いてもらえるでしょう。

このように考えれば『体くらい』と思えてくるのではないでしょうか?むしろ、『肉体関係を持った方が得』と感じる女性もいるのでは?
肉体関係に関しては、どうしても本能的な部分でしか比較されないものですが、全体的な見方をすれば圧倒的に女性の方が得をしています。

むしろ男性は、本人達が気付いていないだけで『デメリットの塊』なのです。男性は自分でしても大して快感度合が変わりませんから、
実際に女性と関係を持ったところで、いつも『なんだこんなものか』と思ってしまうもの。

これが『本能に騙されている』という男性の悲しい性となる訳ですが、男性にはそんな逆らえない欲求があるのですから、
女性はそれを利用した方がいいのです。
女性が誘えばたいていの男性は応じますから、男性を利用して存分に楽しんでしまいましょう。


『肉体関係によってどちらの方が楽しめて、どちらの方がいい思いができるか』これを理解できていない女性が多いものです。
『好きな人としたい』これさえ無くしてしまえば、女性はものすごく得をするのです。

愛情に捉われてしまうとどこかで取り返しのつかないことになります。
大切なことは人生を楽しむことですから、男性が求めてくれたり、需要があるうちに思いっきり楽しむようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6