トップへ戻る

親しくなるには肉体関係が手っ取り早い

親しくなるには肉体関係が手っ取り早い

親しくなるには肉体関係が手っ取り早い

男女が親しくなるのなら、肉体関係が手っ取り早いのです。
例えば新しく出会った男性がいて『この人苦手だな』とか『何となく関わりづらいな』と感じているのなら、
無理に話そうとするのではなく、強引に男性に抱き着くなどして、男女の仲になるよう導いてしまった方が、その後仲良くなれるものです。

というのも、どれだけ知り合ってからの期間が短い関係でも、また、嫌い合っている男女でも、肉体関係を持ってさえしまえば、
一気に打ち解けるものなのです。

例えば、会社などならば『嫌な上司』っていますよね?
そのような上司が相手でも、結局はやらせてあげさえすれば、一気に態度が変わります。
男性ってそういうものですし、男の場合『関係を持った女』この女性をどうしても特別視してしまいますし、またそんな女性に弱いため、
強く当たれないのです。

スポンサーリンク


一言で言えば『弱みを握られた』というものであり、だからこそ男性は気まずくもなりますし、
気まずいからこそ慎重に優しく対応するようになる訳で、
従って女性は『嫌な男性とこそ肉体関係を持つ』これって実は、女性にとってこそメリットがある方法と言えるのです。

例えば、いつも嫌味ばかり言う男性がいるのなら、試しに関係を持ってみるといいでしょう。そうすれば、一気に黙るものです。
この時に働いている男性心理というのは、『ここで黙らなかったら何を言いふらされるか分からない』ということであるため、
だからこそ男性は言えなくなります。

女性の場合『男性を体で買収する』これに前向きではありませんが、これは、女性だからこそできることですし、
たいていの男性は女性がそれを提案してきたら断れないものです。
ですので、そのくらいのことはできる女性になっていた方がプラスですので、肉体関係に対する考え方を変えるようにしましょう。


体を武器にできるかどうかって重要です。
例えば、男性に対し谷間を見せられる女なのか?また視線を感じたらさらに挑発できるのか?
このような女性は確実に男性からモテますが、谷間を見せることもできず、
男性の視線など迷惑そのものと思ってしまうような女性はモテることはありません。

『異性が何を求めているか』これを理解できない人って基本的にはダメです。女性だって、『奢ってくれない男』これってダメでしょう。
女性の中には『男は奢るもの』と考えている人もいるくらい、男性が奢らなかったら批判がすごいですよね?
男性にとっても『女性がやらせなかった時の批判』これって半端なものではありません。

ですので、そういう部分を理解して、『どうすれば男性に受け入れられるか・喜ぶか』これを考えましょう。
それができない女性はNGですので、男性から求められる女になるためにも、男性心理を理解することが大切です。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6