トップへ戻る

近年の男性には働く意欲がない

近年の男性には働く意欲がない

近年の男性には働く意欲がない

近年の男性で、特に20歳代・30歳代の男性には『働く意欲がない』という傾向があるのです(2013年現在)
例えば、『専業主夫になりたい』と考えたり、『昇進の意欲が全くない』などのように、一昔前では考えられなかったくらいに、
現在の男性には『働く』ということへの意欲がないのです。

そのため男性は、『自分一人が食べていく、または遊んでいけるための金が稼げればいい』と考えるものです。
さらには、最近の若い男性は『恋愛に興味がない』という傾向もあるため、これって女性にとっても深刻な問題と言えるでしょう。

そもそも、女性は『男性に依存しながら生きていく』とこんな傾向があるはず。
依存の度合いは人それぞれですが、多かれ少なかれ女性には『依存願望』がありますし、
『男性は女性を養うもの』という考え方も持っているでしょう。

スポンサーリンク


その時点で女性の勘違いでもあるのですが、女性はそんな考え方を持っているため、
近年の男性の変化には『だらしない・頼りない』と感じているのでは?
しかし男性は、『結婚するなら高収入の女性が良くて、自分は専業主夫になりたい』と考えている訳ですから、
これは『女性が変わる』しかないと言えるでしょう。

『男性が望む女性になる』これが全ての答えです。
今までは、『女性が望む男性になる』とこんな時代でしたが、男女平等化から端を発し、男女の立場というのが大きく変わったのです。
女性の立場があまりにも強くなりすぎたため、男性は女性に呆れてしまい、
その結果が『恋愛に興味を示さない』や『専業主夫』という考え方です。

ですのでこれからは、男性が女性を追いかけない以上、女性が男性の理想になるのです。
『専業主夫』これが当たり前の時代を受け入れ、そうなるためには女性に収入があることが前提ですから、
とにかく能力を身に着け、男性を養える女性になりましょう。


今後は、『男性を養えない女は論外』とこんな時代になるはず。
実際に、料理上手な男性が多かったり、片付けや配置も男性は得意だったりとしますから、専業主夫という考え方はアリなのかもしれません。

『俺が養ってやる』こんなものは過去の産物です。
これからは『私が養ってあげる』ですから、そんな格好良い女性になれるよう、とにかく努力しましょう。

そうやって努力している姿や稼いでいるところを見て男性は魅かれるものです。
それならば、この結婚氷河期にも幸せを手に入れられる女性となりますので、自分の力で結婚を掴みましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6