トップへ戻る

男性は結婚に後悔している?

男性は結婚に後悔している?

男性は結婚に後悔している?

男性の多くは『結婚したことに後悔している』と感じています。
女性は結婚を望む人が多いですし、『結婚こそが女の目標』と捉えている人もいますが、男性に至ってはそうではなく、
たいていの場合が『女性が望んだから』『女性の圧力に負けて』『できてしまったから』であり、
『どうしても結婚したかった』という人はあまりいないのです。

そのため男性は、結婚してからそのあまりにつまらない日常に辟易とし、先の見えない生活に精神が蝕まれたり、
何のために働いているのかさえも分からなくなったりなど、絶望する男性も多いものです。

というのも、男性はどうしても、独身の友人と比較してしまうのです。
早くに結婚すれば周囲は皆独身ですし、それなりの年齢になって結婚した場合でも、『独身の友人』というのは必ずいます。

スポンサーリンク


既婚者から見れば、独身男というのは『あまりにも自由な存在』なのです。
稼いだお金は全て自分のために使えて、やりたいことがあった時にも誰の許可がいる訳でもなく、
また女性関係も、何人女がいてもよくて、遊びの関係もありですし、どんな交際をしても独身ならば許されます。

このように、『全てにおいて自由な存在』である独身者は、
『何をするにしても家族の許可がいる、また制限や限界がある』という既婚者にとって、憧れであり、嫉妬の対象でもあります。
従って既婚男性は、無理して『俺は結婚生活を楽しんでいる』『お前も早く結婚しろ』『独身など惨めだ』と言ったりもするものですが、
独身の男性というのは結婚そのものに無関心であるため、『結婚がどう』とか『独身は楽しいぞ』などのようなことを言うこともなく、
つまりは、全く相手にすることがないのです。

このようなことが、一層既婚者の嫉妬心を煽る訳ですが、躍起となっているのは既婚者だけなため、独身者にはそれが伝わらず、
むしろ独身者は『自分の人生を楽しむことで忙しい』とこんなところがあるため、結局独身と既婚というのは合わないとも言えるのです。

また、既婚者は愚痴が多いことに対し、独身者は向上心のある話題が多いことも特徴です。
こんなことからも、男性は結婚すると後悔することが多いと言えるでしょう。
ですので結婚する際には、『その男性が本当に結婚を望んでいるのか』これを確かめるべきですし、
女性が言うから仕方なくだとそのうち崩壊する可能性もありますので、慎重に男性の心理を分析しましょう。


そもそも、男性にとって結婚ってメリットがないのです。
女性の場合、『養ってもらえる』というメリットがありますが、男性からすれば『ふざけるな』となりますよね。
『女性を養うために結婚する』意味が分からないでしょう。

自分の稼ぎは自分のためにありますから、女性も男性を利用しないようにしましょう。
結婚など、崩壊して当たり前の制度かも知れません。
一人で生きることが常識ですから、その力を持った上で結婚しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6