トップへ戻る

体の関係とは楽しむもの

体の関係とは楽しむもの

体の関係とは楽しむもの

体の関係について勘違いしている女性は多いですが、体の関係とは楽しむものですから、従って気持ちは関係ありません。
女性の場合『気持ちがないと関係など持ちたくない』と主張する人も多いですが、それは違います。
気持ちの有無など関係なく、楽しめるかどうか、また満足できるかどうかは技術の問題です。
従って、技術を身に着けることこそが何よりも大切ですから、気持ちに捉われる事は自身の技術のなさと心得て、
誰としても快感を得られるくらいの技を身に着けましょう。

これからは『気が合ったら肉体関係を持つ』という時代になります。
というのも、真剣交際や結婚という時代ではなくなりつつあるため、そうなれば男女の間に何が残るかと言えば、
『肉体関係』これのみが残るのです。

スポンサーリンク


例えば、『今日出会った取引先の男性と、名刺交換の代わりに体の関係を持つ』『合コンそのものが肉体関係の場になっている』
『街を歩いていて目があった男性と関係を持つ』などのように、『肉体関係を持つこと』これに対するハードルが下がるようになってきます。
これは非常に柔軟な考え方であり、また、個人が豊富な知識を蓄えているからこそできることなのです。

病気や妊娠に対するリスク、これを熟知していて、男女どちらもがその対策を心掛けるからこそ楽しむということができるもの。
これが、お互いに知識がない状態でしてしまったのならば、『できてしまった』ということもある訳で、
そうなれば、楽しいはずの肉体関係が一転し、どん底に叩き落されることもあるでしょう。何度も言うように、本来肉体関係とは楽しいものです。

女性によっては『男が楽しむためだけのもの』としがちですが、そうではありません。
女性に技術があれば、男性も相手を喜ばせようとするものです。
『男が楽しむためだけのもの』このように感じている女性は、
『女性に技術がないからこそ、男性も本気を出してくれない』というだけのことですから、自分も楽しみたいと思うのならば、
技術を身に着けるためにも経験を重ねましょう。


『どんな男性とでも関係を持てる』これが理想です。既に男性はその域に達していますし、多少のブス程度ならば、男性はできるものです。
つまり、男性というのは気持ちで関係を持っているのではないのです。『楽しいかどうか』いつでもこれが基準なのです。
感情や気持ちで処理してしまうこと、これは大きなマイナスです。
好きじゃなきゃしないなど時代遅れですから、『取りあえずしてみる』という考え方を身に着けて、積極的になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6