トップへ戻る

女性に冷たい男の心理

女性に冷たい男の心理

女性に冷たい男の心理

  女性に冷たい男性っていますよね。
  交際がスタートしても冷たくて、ろくに連絡もくれなかったり、
  デートでも男性の方から手を繋いだりとかはまずないというタイプ…。

  女性としては、『もっと優しく接して欲しいし、愛情を確認したい』と思うでしょう。

  この『女性に冷たい男性』って、何より『愛情が感じられない』というのがあるはず。
  男性に問い質しても、『そんなこと聞くな』と言われるばかりで言葉もくれなくて、結局女性は安心できないなど、
  結果的には追いかけてしまうのでは?

  女性に冷たい男性の心理とはどうなっているのか?ここまで冷たかったり放置されていると、
  『私のことを好きではないのでは?』と思うでしょう。

  しかし、そうではないことが殆どなのです。
  このように女性に冷たいことって、単純に男性の美学であることが殆どです。

  要するに、『そうすることが格好良い』『デレデレするのは見っとも無い』こう思っているからこそ、
  結果的に女性は『冷たい男』と感じてしまうのです。

スポンサーリンク


  【女性に冷たいことが美学とは】
  『女性に冷たい男とは、それが美学だから』そう言われても女性は納得しないでしょうし、
  『優しい男の方が格好いい』と主張するでしょう。

  しかしこれは男性自身の拘りの問題です。
  男性が『どんな男こそが格好良いものだ』と捉えているかの問題ですから、
  女性がどう主張しようが無駄なところがあります。

  従って、女性に冷たい男に、『優しくしないのならば別れる』と女性が主張したところで、
  『好きにしろ』という回答が返ってくるもの。

  そのくらい、男性はこの美学というものに拘るものですから、それを変えようとすることは不可能と考えて、
  そんな男を好きになってしまったのだから仕方がないと、受け入れる覚悟をしましょう。

  『男性が女性を愛すること』この形にも様々ありますが、女性に冷たい男の場合、
  『陰で見守るタイプ』だと捉えましょう。


  つまり、普段は冷たいと感じるほどに素っ気ないですが、何か大変なことがあった時には力になってくれるタイプ。

  普段から優しくて、愛情をたっぷりそそぐ男性の場合、
  大変なことが起こった時には逃げ出す可能性がないとも言えません。

  反対に女性に冷たいタイプならば、本当にどうでもいいか、しっかり愛しているかのどちらかですから、
  支える覚悟ができているはず。

  好きならば、自分からは連絡をしなくても雑には扱わないはず。
  ですので、そういう男性の仕草などから愛情を確かめるようにして、
  その男性が本気かどうかを確認するようにしましょう。


  男性にはそれぞれの美学があります。
  『こんな生き方が格好良い』それに従って生きるのが男性ですから、それは仕方がないと思うべき。

  むしろ、芯のない男性は崩れやすいですから、偏屈でも自分の生き方を持っている男性の方が、
  恋愛をするのなら良いとも考えられます。

  また、『女性に冷たい男性』これも捉え方次第です。
  全てを女性の基準で捉えた場合には、都合の良い男性こそが優しい男となるはず。

  しかし、そんな男は芯のない男性というものです。
  多少は冷たい男の方が魅力的な場合もありますから、
  自分の都合だけで捉えるのではなく、広い見方をして男性を捉え、
  良い男性と巡り合いましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6