トップへ戻る

ブスにチャンスはあるか?

ブスにチャンスはあるか?

ブスにチャンスはあるか?

『ブス』これって男性が最も嫌う女性タイプの一つですよね。
ブスに生まれた女性は『どうして私はブスなんだ』と呪われた自分の運命を憎むものでしょう。
しかし、『自分の運命を憎む』これって実は、ブスの女性だけではないのです。

というのも、どんな人にでもコンプレックスってあるものです。
例えば美人でも高身長な女もいる訳で、一般的に男性が受け入れられる女性の慎重って『165pまで』ですから、
それ以上になると『デカい女』となります。

しかし近年では、170p超えの女性も珍しくない訳で、180p前後の女性になると、『女性』というよりかは『巨人』という印象の方が強く、
そうなってしまえば美人かどうかなど関係なく、デカいという印象しか持たれないでしょう。
また、『胸がない』これもコンプレックスの代表ですね。男性は大きな胸が好きです。最低でもEはあって欲しいものです。

スポンサーリンク


基本的に『A〜Cが貧乳』というのが一般論な訳ですが、それでも女性は『Cは貧乳ではない』と必死に抗議したりしますよね(笑)
しかし、そんなことをしてしまえば余計に『胸がコンプレックスだ』ということを認めるようなものです。
Cはどう見ても小さいです。だから貧乳なのです。それを否定するということは…?気にしているからでしょう。

身長でも胸でも、コンプレックスを持っている人はたくさんいる訳ですし、
さらに細かく言えば、『脚が短い』『鼻が低い』『歯並びが悪い』『声が太い』『色が黒い』などのように、
男性が気にするコンプレックスってたくさんあります。

ですので、『ブス』というコンプレックスも捉え方次第ですし、何より暗い生き方をしないことが大切です。
全ての貧乳女性が暗い生き方をしているでしょうか?巨人の女性は皆下を向いて歩いているでしょうか?そうではありませんよね。
貧乳に関しては生かしようがありませんが、巨人の場合、バレーボールなどのように、
『高身長が生きる』という場所で活躍している女性もいます。

ですので、探せばブスでも活躍できる世界があるはずです。
『恋愛』という捉え方をした場合、120%価値がないのがブスですが、その他の面ではそうとも言い切れないもの。
逆に言えば、ブスで損をするのは恋愛と就職くらいのものです。

それ以外の部分は、人間性さえ良ければ何とかなるところでもありますので、
ブスならば内面を磨くようにして、少しでも自分にチャンスを作り、生きていけるようにしましょう。


基本的には、ブスってNGな女です。
外見が良い方がモテるに決まっていますし、女性だってイケメンが好きでしょう。
ですので、男性を恨んではなりません。また社会を憎んでもダメです。

大切なことは変わろうとすることです。
ブスでモテなくて人からバカにされるだけでなく、ウザいキモいと言われる人生を送るのか、
それとも、『能力だけは高い』とある分野では認められるのか。
これは自分次第ですから、どうせなら、価値あるブスになりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6