トップへ戻る

男性と交渉を成立させたいのなら

男性と交渉を成立させたいのなら

男性と交渉を成立させたいのなら

『男性に何か頼みごとをしたい』このような状況はよくあることでしょう。
特に女性の場合、『男に頼んでしまえばいいや』という人も現実的に多いですよね。

女性というのは『男に頼りながら生きていく』という性質があるため、よく言えば頼り上手であり、
悪く言えば男性を利用する生き物といえるでしょう。

また女性の中では『男性は女性に優しくするのが当たり前』このような考え方を持っている人もいる訳で、
男性としては、そんな勘違い女は迷惑なだけの存在となるのです。
それでも、一昔前の男性ならば、『女は弱いから男に頼るしかないだろう』これを受け入れていたものでした。
例えば、現在ならば30歳代後半以降の男性には、そんな考え方があるはず(2013年現在)

スポンサーリンク


しかしながら、それよりも下の世代の男性としては、『男に頼るなどあり得ない。それを利用すると言うのだ』という考え方があるため、
基本的には女性に頼られることを嫌います。

というのも、この世代の男性には、『男女は平等、従って男性だけが女性に優しくする必要はない』という考え方があるため、
『頼られる』『男性が女性に何かをする』ということが理解できないのです。
『平等ならば全てにおいて平等。従って男性が奢る必要もないし、利用されることなど不自然』こう考えることが一般的ですから、
原則的には女性から頼みごとをされても断るというのが、現在の男性の基本ルールとなります。

そんな中で、男性に応じて欲しいのならばどうすればいいのか?女性にとってこれは重要でしょう。
現在の男性も『全てにおいて無理』という訳ではなく、条件次第では女性の交渉に応じるものです。
それが、『先に肉体関係を持つ』ということです。

男性が最も恐れていることは女性から利用されること、つまりそれは、『頼みごとだけしておいて、やらせもしない』ということ。
これでは、男性は『動いてあげただけ損』ということになりますよね。
ですので、男性に何か頼みごとをするのなら、『先にやらせる』これを心掛けましょう。
それがあるのならば男性だって、『聞いてやるか』という気持ちになります。

例えば、『私のこと自由にしていいから頼みごと聞いて』などのように交渉するなど、肉体関係前提での言い方をするのです。
そうすれば男性も『それじゃ先払いで』と言ってくるでしょうし、
男性としても、『してしまったのならば頼みごとを聞かない訳にもいかない』となりますので、
『先に関係を持つ』これを心掛けるようにしましょう。


現在の男性は『肉体関係ありで初めて対等になる』このように感じています。
従って、『やらせもしない女』というのは論外であり、関わりたくない女なのです。

女性は何かと男性に頼ることが多いと思います。また『頼らなければならない』こんなこともあるでしょう。
ですので、そんな時には『何を先にするべきか』ということを忘れないようにして、非常識な女にならないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6