トップへ戻る

ブスに可愛いという男性心理

ブスに可愛いという男性心理

ブスに可愛いという男性心理

ブスにさえも可愛いという男性っていますよね。このような男性は天使なのか悪魔なのか。
ブスの女性としては意味が分からないところでしょう。一般的には『ブスとなど関わらない』これが男性のはず。

男性というのは露骨なものであり、『美人の言うことならば何でも聞き』『ブスの言うことは一切無視』こんな特徴があるでしょう。
そのためブスの女性は、『男は性格が悪い』と感じたり、『男というのは女の本質を見抜いていない』といったりもするはず。

しかし、男性に言わせれば性格が悪いのはむしろブスなのです。
美人というのは人を悪く言いませんし、陰で男性を悪く言っているような女性は、『美人とは言えない女性』つまり、
一般レベルの女というものです。

スポンサーリンク


ブスではないが美人でもないという、まさに平均的な女性ならば、陰口や悪口も言うものでしょう。
一方で、本物の美人というのは人を悪く言いませんから、だからこそ男性から愛されるのです。

そもそも、幼少期から『美しい』と言われて育った人間ならば『性格が歪む』ということがないため、人を悪く言うことなどあるはずがないのです。
一方のブスは、苦労が多い人生だったでしょう。
その結果性格も歪み、人を妬むことが基本となり、何も信じられない人生を送っていても不思議ではないはず。

このように、美人とブスには大きな違いがありますし、『基本的にブスは論外』という男性の常識がある中で、
『ブスに可愛いという男性心理』これは一体何なのか?というもの。


ブスに可愛いと言う状況には、いくつかのタイプが分かれますが、その一つが『気を使っている』というもの。
ストレートに『お前はブス』と言う訳にもいかず、それでいて、他に相応しい言葉が思いつかず、
結果的に『可愛いんじゃない』と言ってしまったというもの。

これはもちろん、本心ではありません。男性の気遣いであり、または『口が滑った』というものでもあります。
ですのでブスの女性は『可愛い』と言われても真に受けるのではなく、『気を使ってくれているんだな』と捉えましょう。

さらには、その場凌ぎということもありますし、『優しさの意味を捉え違えている』こんな男性もいます。
本来ならば『余計な期待を持たせない』これが優しさなのでしょうが、
『ブスに可愛いと言って勇気を与える』そんなつもりで言う男性もいるのです。
従って、男性がブスに可愛いと言う場合には、全てが本心ではありませんのでそこは舞い上がらないようにして、
痛い女にならないようにしましょう。


ブスの女性ならば『私はブスだ』という自覚を持っているはず。基本的にはそれでいいと言えます。
『ブスが自信満々になってしまう』これは強烈です。

ブスの女性ならば、外見ではなく他の部分に自信を持った方が良いです。
ナルシストは叩かれますから、周囲が何と言おうと、ブスだと思うのならば勘違いには注意しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6