トップへ戻る

男性が言う『違った』とは

男性が言う『違った』とは

男性が言う『違った』とは

男性は関係を持った後に『ごめん、違った』と言うことがありますよね。
これはどういう意味なのか?関係を持つ前までは散々『好きだ』と言っておきながら、関係を持った直後に『違った』と…。
これはつまり、『好きなのではなくやりたいだけだった』ということです。

女性としては『あり得ない』と思うでしょう。しかしこれ、男性としては普通にあることですから、仕方のないことだと諦めましょう。
そもそも男性は『関係を持つまで好きなのかどうかが分からない』こんな生き物なのです。

男性の愛情と性欲は非常に似ているものであり、性欲のためならばどこまででも頑張れるのが男性というもの。
従って、男性自身がそれを愛情と勘違いすることが多いのです。
好きという感情は『相手を幸せにしたい・相手の幸せを願う』というものですよね。

スポンサーリンク


一方性欲に翻弄されている時にも、『相手が喜んでいると自分も嬉しい』こんな気持ちになるのが男性なのです。
従って、男性に言わせれば『本当に分からないのだから仕方がない』となりますし、
『違ったと言われたくないのならば、女性自身が男性のことを好きになる前に、取りあえず肉体関係を持ってみることだ』というもの。

そうすれば、男性の気持ちが愛情なのか性欲なのか、それが分かりますから、
好きになる前の段階ならば『違った』と言われても『じゃあ今後はナシだね』とすることもありですし、
『それなら、体だけの関係を楽しむ?』と提案してみることもアリなのです。

要するに、男性が違ったと言っても、男性を責めることは違うということです。
『分らないものは仕方がない』これが全ての答えですし、女性は『好きになってから傷付きたくない』というのならば、
事前に関係を持って男性の気持ちを確かめるなどして防衛するべきでしょう。

男女関係って、『どちらが悪い』としてしまうと進歩がありませんから、相手の心理や本能、性質を理解して、
それに合わせるか、または異性は卒業するしか順応できる手段はないのです。

モテたいと思うのならば異性に合わせること、モテなくてもいいから楽な人生を送りたいと思うのならば、
男性や恋愛への興味を無くすようにしましょう。

事実、近年の男性は恋愛に興味を持たない人も多いですよね。
これは『女性に呆れたから』ということが主な理由ですが、要するにそんな選択もアリということです。
『恋愛しなければダメ』こんな決まりはありませんから、会わないと思ったのならば背を向けたっていいんです。
自分が楽な選択をしましょう。


『違った』これは体目当てでも何でもなく、男性の本音です。
むしろ、違ったと思われながら交際を続けられる方が惨めでしょう。
愛情がないと男性は雑になります。それでもいいと思うのならば、繋ぎ止めてみることもいいかもしれません。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6