トップへ戻る

肉体関係を持つことが大切

肉体関係を持つことが大切

肉体関係を持つことが大切

男女関係というのは『肉体関係を持つこと』これが重要なのです。
肉体関係のない男女というはどこか遠いものであり、また信用や信頼など全く得られないため、それがどんな関係性であったとしても、
『先ずは肉体関係』という考え方を持って、親交を深めるようにしましょう。

例えば仕事関係の男女が肉体関係を持ってしまうこと、これができたのならば、その後の仕事はよりスムーズになるとは思いませんか?
男女の仲になることはなく、一定の距離を保ったまま交渉や仕事を進めていると、お互いにどこかに通じ合わない部分もあるでしょうし、
また『100%主張できない』ということもあるはず。

スポンサーリンク


しかし関係を持ってしまったのならば、その時点で、良い意味で仕事のパートナーではなくなりますから、
細部にわたり注文を付けることができますし、そして何より、より綿密な計画を立てることができるようにもなるのです。

これは、上司と部下、同僚、先輩後輩という間柄にもいえることです。
例えば『可能な限り社内全ての異性と肉体関係を持つようにする』という会社があったのならば、その会社は大成功を収めるでしょう。

近年では、会社でのいじめ問題も深刻化していますが、その様な問題もなくなるはずですし、
そして何より、『会社がオープンな環境になる』これが大きいでしょう。『全員が全員の体を知っている』これって素晴らしいことですし、
『男性対女性』という面白い図式が出来上がり、社内の話題も絶えません。

つまりは『本来は、会社内ではセクハラとなるような話題がオープンなものとなり、むしろそれによって職場が活性化する』というもの。
自分がされることは嫌なのものがセクハラですが、相手にもやり返せるのなら、それはセクハラにはならず、
男女どちらも刺激的で盛り上がる話となるでしょう。それを可能にするのが、『社内全員と関係を持つ』ということですから、
だからこそ、『肉体関係を持つということ』これには積極的になるようにしましょう。


これからの時代、肉体関係を持つことは『人脈作り』となるのです(2013年現在)
一昔前のように、誰もがコミュニケーションに長けている訳ではありませんから、
そんな時代に人脈を作るためにはどうするべきかとなった時には、『本能的な欲求に従う』これが原則です。

女性の場合、『肉体関係には慎重』という人が多いですが、これからはそうも言っていられない時代であると受け入れましょう。
『先ずは肉体関係』こんな捉え方も必要ですので、職場でも友人同士でも、積極的に関係を持って、自分が有利になれるようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6