トップへ戻る

結婚をゴールにしないこと

結婚をゴールにしないこと

結婚をゴールにしないこと

  『結婚がゴールだ』『結婚することで永遠の安らぎが手に入る』こう考えている女性も多いのではないでしょうか?
  確かに、経済的にも精神的にも豊かな男性と結婚をすれば、永遠の安らぎが手に入ると考えることもできるため、
  結婚がゴールという考え方もあります。

  女性の場合、『男性に頼りながら生きていきたい』『男性から守られたい』と考える人も多いため、
  だからこそ結婚して安心が欲しいと思うはず。

  もちろん、『結婚さえできれば一生守ってもらえる』と考えることは良いのです。
  しかし、それでは精神的な安らぎが手に入るとは限らないでしょう。
  精神的な不安というのは、常日頃から付きまとうはず。

  それは、『いつ孤独になるか分からない』『パートナーに捨てられるかもしれない』
  こんな恐怖を抱えているからこそ、だからこそ結婚を望む訳ですが…。
  しかし、結婚したからといって、この不安が消える訳ではないのです。

  結婚という契約はしたものの、その夫婦生活に問題があれば簡単に離婚できるのが日本のルールです。
  従って、どちらかが不満に感じたのならば、カップルが別れるかのように離婚できてしまう、
  それが結婚なのです。
  ですので、結婚したから安心だと思うことは間違いですし、結婚はゴールではないのです。

  大切なことは、自分自身がどう変わるかです。
  それ次第では結婚など不要にもできますので、良い方向に変わる努力をしましょう。

スポンサーリンク


  【考え方を変えるべき】
  『結婚すれば一生守ってもらえる』このような考えを持っているのなら、それは考え方を変えるべきです。
  これは、『男性にはそこまで守る意思はない』ということではなく、
  『なんでも頼りっぱなしでは安らげる日は来ない』ということです。

  結婚がゴールと考える女性の多くは、
  上記のように『結婚すれば守ってもらえる・生活が安泰する』と考えているもの。
  でもこれって、全て男性任せの人生となりますよね?

  それでは、その男性が『別れたくなった』と言い出したらどうするのでしょうか?
  また、他の女性が良いと言い出したり、結婚生活が苦痛だと訴えたのなら…
  旦那に非があったとすれば、慰謝料を取ることはできるでしょうが、
  結局はまた精神的に不安な日々の始まりです。

  これって、女性達の中では『妻を捨てる男が悪い』と非難するでしょうが、
  男性はそういう部分では冷静で、『捨てられる側にも非がある』と見てしまうのです。


  だからこそ、男性と交際することや結婚に対する考え方を変えることが大切です。
  結婚をゴールにするのではなく、
  純粋に『好きな相手と一生いるために結婚する』『けじめをつけるために結婚する』など、
  一つの区切りとしての結婚にすることなどが大切で、
  『満たされない不安な生活からの卒業』としてのゴールに設定することは、
  自分の身を滅ぼす可能性がありますので、避けた方が良いでしょう。


  そもそも男性は『男に養ってもらう』こんな考え方の女性を嫌う傾向にあるのです。
  男性自身、『自分が養ってやりたい』という考え方を持っている反面、
  それが当然だと思っている女性など養いたくないとも思っています。
  ですので、結婚をゴールにすることや、不安の解消を男性に求めてはならないのです。

  人に求めている限り絶対の安らぎなどありませんから、本当に満たされたいと思うのならば、
  自分で自分を満たせる女性になりましょう。
  そんな女性こそが魅力的な女性ですから、男性からも求められて幸せな結婚もできる女性となっていきます。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6