トップへ戻る

気持ちが冷める瞬間は人それぞれ

気持ちが冷める瞬間は人それぞれ

気持ちが冷める瞬間は人それぞれ

『何によって恋愛感情が冷めてしまうか』これは人それぞれとなります。
例えば『愛情が無くなったと告げられる』『他に好きな人ができたことを知る』これによって冷める人もいれば、
『理想と違った』という理由で冷める人もいるのです。
交際中だとどうしても、自分の基準で『このくらい』と考えてしまうことも多いですが、なにによって気持ちが冷めるかは人次第ですから、
それは理解することと、自分が受け入れられないようなことであっても、『相手にとっては辛いことなんだな』ということを、
察することが重要です。

交際をする際に『これが常識』というものはないはずです。
育った環境もなにかも違う人同士が深い仲になる訳ですから、そうなれば合わない部分があって当然とも考えられます。
また、自分が生きてきた人生を他人が受け入れられるとも限りません。

スポンサーリンク


例えば、異性の友達に囲まれていることが当たり前の人生だった人と、異性とは無縁だった人ならば、
『異性の友人との関わり方』これにも違いが出てきます。

スキンシップの持ち方一つにしても、友達が多い人ならばほぼ気にせず接することができるでしょうが、
異性の友達が少ない人にとっては
『異性とスキンシップを取ること自体緊張するし、それは深い関係にある男女がするもの』と考えることだってあるのです。
このように、人によって常識は違いますから、だからこそ、交際をした際には『異性の友達との接し方』これは注意すべきなのです。

例えば、女性の方は幼い頃から男友達も豊富で、男性と関わることに慣れている、
一方男性は、女性と関わることには慣れていないというのなら、自分の彼女に男性の友達がいるということ自体、
受け入れられないことかもしれないでしょう。

カップルというのは、似た者同士が付き合っているという印象がありませんか?
外見もそうですし、性格面も似たような者同士が付き合っている。

『軽い人同士』『真面目な人同士』などのように、全てにおいて真逆ってあまりないでしょう。
このことからも分かるように、ある程度の共通点がないと、交際は厳しいとも考えられます。

異性の友達ゼロならばゼロ同士、豊富ならば豊富同士でないと、当然ですが衝突しますから、
相手を選ぶ際にはそういう部分もしっかり見極めて、気持ちだけで動くのではなく、その相手が自分に合うかどうかも判断しましょう。


『好きでもダメになる交際』というのがありますが、その代表が『育った環境が合わな過ぎる二人』です。
特に、忙しい人と暇な人などのような組み合わせだとほぼ合いませんので注意しましょう。
恋愛は気持ちだけでなく、考えることが重要です。
感情だけで判断してしまうと辛くなるだけです。『自分に適した相手か』これを重視しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6