トップへ戻る

自分が傷付かないことが大切

自分が傷付かないことが大切

自分が傷付かないことが大切

自己犠牲の精神がある人も多いですが、その様な考え方を持っていると損をするだけとなりますので、
『とにかく自分が傷付かない』『自分を傷つける相手には厳しくする』こんな考え方が大切になります。

例えば優しい性格の人ならば、相手の感情的な部分まで考えて対応してしまうことが多いでしょう。
そのため、自分が我慢してまで話を聞いてしまったり、興味のない話でも、興味がありそうに聞いてしまうこともあるのではないでしょうか?

しかし、それを相手も同じようにしてくるとは限らないため、それは『するだけ無駄』ということになります。
要するに『自分が我慢して聞いてあげても、相手は同じように我慢して聞くか』と言えばそうではないため、
考え方としては『興味がなければ露骨に態度に出す』これでいいということです。

スポンサーリンク


相手の感情的な部分まで考えて対応していたら人間関係などきりがないのです。
それよりも大切なものは自分の感情です。むしろ、相手の感情など考えたら、自分の感情が疲れるだけです。
人の感情に付き合うとは、その分『自分の感情を抑える・犠牲にする』ということであり、時間の損失でもありますから、
相手が露骨な人間ならば自分も露骨な態度を取って、何よりも、自分が傷付かないように注意しましょう。

優しい性格の人は、精神的に崩れやすいものですが、そうやって崩れたところで誰も助けてなどくれません。
むしろこの世界では、弱い者は捨てられるだけなのです。要するに、優しい性格というのは単純に利用されるだけであり、
人間関係の中で『自分の欲求は殆ど満たされない』という状況に陥り、
『いつも聞き役に回されてストレスばかりが残る』こんな風にもなってしまいます。

従って、『私はいつも聞いてしまう』『感情的な部分まで考えてしまい、こんな対応をしたら相手が可哀相だ』と考えてしまうという人は、
心を鬼にして人と接するようにしましょう。



何があっても、自分が傷付くっておかしいでしょう。
人間関係の中で、自分が納得しないで終わるなどあり得ないことで、そんな関係は価値のない存在です。

自分を分ってくれなかったり、受け入れる気がない一方的な人間となど関わる必要がありませんから、切れるのなら切るべきです。
切れない関係にあるというのなら、相手と同じ対応をしましょう。

そうやって、『お前は普段これだけ素っ気なく失礼な対応をしているんだ』ということを分らせることが重要ですから、
なにがあっても自分が傷付かないように、対策を取ることが重要です。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6