トップへ戻る

好きという感情を無くすこと

好きという感情を無くすこと

好きという感情を無くすこと

『好きという感情』これを持たないで異性に臨むことができたのなら、男女関係は劇的に楽しいものに変わります。
男女関係って、恋愛感情を持って関わってしまうからこそこじれるのであり、またそのせいで苦しんだり、
『もう恋愛などしない』と思う訳ですから、それならば、男性も女性も『恋愛感情なし』という考え方を持てばいいのです。

恋愛感情などなしに『純粋に異性だけを楽しむ』このように捉えることができれば、ものすごく楽で、気持ちの良い世界となります。
『もう恋愛などしないで良い』こう思ったとしても、異性と関わることはやはり楽しいですよね?

例えば、半年くらい異性を絶っていたのなら、半年ぶりに関わった異性ってものすごく刺激的で、
『もっと関わりたい』と思うのではないでしょうか?
また女性でも『そこまでタイプではなくても取りあえず関係を持ちたい』こう思う人もいるのでは?

感情と本能って別であり、心が傷ついても本能には逆らえないのが現状、従って、恋愛はしたくなくても異性は欲しい、
これが答えとなってしまうのです。


それならば、初めから好きという感情になど拘らないで、本能だけに従って楽しんでしまった方が楽で楽しいでしょう。
人間って必ず楽しいことがしたくて、苦しみからは逃れたいようにできていますから、恋愛をする際にも、『傷付けない人』これを求めます。

スポンサーリンク


しかし、感情がある以上苦しめない人っていませんから、『求めたらダメ』を理解して、
感情なしで、本能的な欲求だけを楽しめる関係、そんな異性を満喫できるようになりましょう。

これができる関係って、どんな人が相手でもいいのです。
例えば、初対面の男性を飲みに誘い、そのまま関係を持ってしまったのならば、『感情なしの付き合い』これができますよね。
男女の仲って『どの段階で関係を持つか』これが重要な訳であり、双方の気持ちが育つ前に関係を持ってさえしまえば、
その後も楽しいままの関係でいられますから、崩れることのない理想的な仲となります。

男友達に、そんな関係になることを提案してみることもよいですし、元カレが相手でも良いでしょう。
重要なことは『自分が苦しまない』ということ。
恋愛感情というのは邪魔な感情です。何が自分にメリットがあるか、これを考えて行動しましょう。


女性は特に『好きになりたがる』という傾向がありますが、その結果、傷つくのって女性ではないでしょうか?
男性の場合、『気持ちなどいらない』ということが多いですから、恋愛となると傷付くのはいつでも女性となるのです。
『女は感情的な生き物だ』とはよく言われます。しかし近年は、その女性も変わりつつあります。
今後は冷静な女性も増えるでしょうから、冷静に男性を楽しめるように、メリットを追求しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6