トップへ戻る

月何回が理想か?

月何回が理想か?

月何回が理想か?

男性と関係を持つこと、これは『月に何回が理想なのか』。女性としては『好きな人とのみ関係を持ちたい』と思うでしょう。
しかしそれでは、回数に制限が出てしまうもの。
男性というのは、同じ相手と毎日というのは厳しいため、できるだけ複数の女性を一定のサイクルで回したいのです。

従って女性も、そんな考え方を受け入れるべき。
ですので、理想は『ほぼ毎日すること』となり、それも、『毎日違う相手』これがベストなのです。

例えば14人の男性と関係ありの友達という間柄ならば、2週間サイクルという考え方が成り立ちますよね。
これならば、1人とするのは月に2回程度ですから、十分な間隔となります。
女性だって、毎日同じ相手では飽きるでしょうから、『より多くの男性をパートナーにする』これは大切なことなのです。

スポンサーリンク


また、このより多くという考え方ですが、これができる女性は結局は賢いです。
14人の男性と関わっていれば、ほぼ生活費などいらないというレベルでしょうし、基本的に毎日会ってしまえば、
食費くらいは浮くと考えることができますよね?

男性だって、1ヶ月のうち2日程度ならば、食事を奢るくらいは痛くないです。
とはいえ、もちろん男性にも他の女性がいますから、『経済的に厳しくて奢れない』という男性もいるでしょう。

それでも男性の数が多ければ多いほど、女性の生活が裕福になることは間違いありません。
ですので、女性は一人に拘りたがりますが、本当はそれって愚かな選択であり、一生独身を選択して、
その年代に合わせて自分を支えてくれる男性を見つけることが女としては最高の生き方となるのです。

男性って、女性が結婚してしまうとその時点で興味を無くします。
もちろん、『結婚した時点でやれない女』という訳ではありませんが、
男性の心理としては、『既婚者と関わることなど時間の無駄』というものなのです。

男性は常に『手に入るかどうか』これを基準に動いていますから、『既に誰かの手に入った』こんな女には興味がありません。
ですので、結婚することは損失であり、女を止めることにもなりますので、その辺は十分に考えて、なにが楽しいかで判断しましょう。


一生大勢の人に囲まれる生活か、それとも、一人に拘った結果、孤独になる生活かならば答えは見えているでしょう。
もちろん、結婚して幸せになる女性もたくさんいますが、そうではない女性も多いのです。
今後は増々女性も一人で生きられる時代となります。
ですので、『男の数を増やす』これを心掛けるようにして、一生楽しい生活を手に入れましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6